格安スマホ/格安SIMはどんな人におすすめ?失敗しない選び方

格安スマホや格安SIMが話題になっています。

しかし、大手携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク)とどういう違いがあるのか、いくら料金が安くても本当に使いこなせるのかなど、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、格安スマホや格安SIMは、どんな人に向いているのかを徹底解説。

格安スマホ/格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

格安スマホ/格安SIMをおすすめしたい人

格安スマホ/格安SIMをおすすめしたい人

「とにかく安くスマホを使いたい人」におすすめ

格安スマホと言えど、MVNOで購入できる端末の種類は豊富。

しかも大手携帯電話会社で購入するよりリーズナブルです。iPhoneやXperiaを取り扱うMVNOも増えていて、新しいモデルのSIMフリー版も次々と登場しています。

欲しいモデルのSIMフリー版がMVNOで取り扱っていない場合は、端末メーカーサイトや家電量販店で購入する必要があります。

格安スマホは、それほど端末にこだわりがなく、安くスマホを使いたい人に向いています。

格安SIMは、大手携帯電話会社のSIMロック解除をしたスマホであれば、基本的にSIMカードを入れ替えるだけで使用できます。

ただし、MVNOによって端末との相性があるため、今使っているスマホが動作確認済みかどうかを事前に調べたほうが安心です。

MVNOのウェブサイトで動作確認済みの端末を確認することができます。

「キャリアメールがなくても困らない人」におすすめ

大手携帯電話会社から格安SIMに乗り換えした場合には、キャリアメールを含め、キャリアのサービスは使えなくなります。

どうしてもメールアドレスが必要なら、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使う手があります。

今ではLINEやSkypeなどのチャットツールでやりとりしている人も増えているので、キャリアメールが使えなくなってもそれほど不便は感じないかもしれません。

「データ通信がメインで長電話しない人」におすすめ

格安SIMを提供しているMVNO各社は、プランによって1GB~20GBなど月間データ容量を選べるようになっています。

しかし、通話に関しては完全電話かけ放題のプランを提供しているところはほとんどありません。

3分、5分、10分電話かけ放題というオプションはありますが、その時間を過ぎると通話料金が発生します。

しかし、スマホ同士の通話では、お互いにLINEやSkypeのような無料で音声通話ができるアプリを入れれば通話料は無料です。

電話をあまり使わない人は格安SIMが向いているでしょう。

「常に高速通信で使えなくてもいい人」におすすめ

MVNOは大手携帯電話会社から回線の一部を借りているため、大手携帯電話会社と比較すると、回線の利用者が多い時間帯に通信速度が不安定になる場合があります。

そのため、回線が混雑する昼や夕方はもちろんのこと、外で動画をたくさん見る人・通信が発生するゲームをする人など、いつでもどこでも高速通信を求めている人は、大手携帯電話会社を使い続けたほうがいいかもしれません。

失敗しない格安スマホ/格安SIMの選び方

格安SIMで「使えるスマホ」と「使えないスマホ」とは?

格安SIMで「使えるスマホ」と「使えないスマホ」とは?

スマホには、大きく分けてSIMロックがかかっている大手携帯電話会社のスマホとSIMフリーの格安スマホがあります。

MVNOの事業者は大手携帯電話会社の回線の一部を借りて通信を行っているため、SIMロックがかかっている大手携帯電話会社のスマホの場合は、ドコモのスマホならドコモ回線、auのスマホならau回線、ソフトバンクのスマホならソフトバンク回線を使う必要があります。

大手携帯電話会社のスマホをそのまま使いたいのであれば、端末がSIMロック解除されているか、また動作確認されているスマホなのかを確認しておきましょう。

もちろんMVNOで販売しているスマホは動作確認済みですので、心配でしたら格安スマホと格安SIMを一緒に買うといいでしょう。

SIMカードの種類やサイズも要チェック!

SIMカードの種類やサイズも要チェック!

SIMカードには、機能として「データ通信SIM」「音声通話SIM」「SMS付きデータSIM」などがあります。

データ通信SIMでは通話はできませんので、通話をしたいのであれば、音声通話SIMを選ぶ必要があります。

またSIMカードの大きさには「ナノSIM」「マイクロSIM」「標準SIM」の3種類のサイズがあります。

スマホの主流はナノSIMですが、端末に合ったサイズかどうかを確認しましょう。

実は日本では使用できない違法スマホも

スマホを格安で購入したいと考える方は多いですが、実は日本国内でどれでも使えるわけではありません。

スマホには「技適マーク」という、電波に関して日本の法律やルールに準拠した機器であることを証明するマークが付いています。

ネット通販で技適マークのない海外SIMフリースマホを購入し、日本国内で使うのは違法になるので注意してください。

大手携帯電話会社やMVNOで販売しているスマホでしたら、技適マークが付いているので心配ありません。

スマホをどのように使うのか明確に

格安スマホ/格安SIMに乗り換えるなら、求めるものを明確にしておくことも肝心です。

ただ「安いから乗り換える」という理由でも問題ないのですが、格安スマホ/格安SIMには料金が安いなりの理由があることも知っておきましょう。

例えば、今までが長時間の通話やキャリアメールの利用がスマホの主な用途なら、格安スマホ/格安SIMでは目的を果たせません。

また、「通信速度を求める」「実店舗で相談したい」「最新高性能スマホを使いたい」人は、格安スマホ/格安SIMより大手携帯電話会社の方が満足度は高いでしょう(実店舗がある通信業者もありますが、店舗数が少ない場合も)。

LINEモバイルはデータフリー

LINEモバイルはデータフリー

LINEモバイルの特徴は、データフリーだというところです。

データフリーとは、データ通信量がカウントされない機能です。

LINEモバイルで対象となるサービスの例を挙げると、「MUSIC+」のプランでは、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICを利用してもデータ通信量を消費しません。

さらに、月間データ容量を使い切ってしまい、通信速度制限がかかっていたとしても、データフリーの対象サービスについては通信速度が落ちないのです。

LINEモバイルはそれぞれデータフリーの対象が違う3つのプランを用意しています。

プラン1:「LINEフリー(月額500円~)」LINEアプリの通話・トークのデータ消費がゼロ

プラン2:「コミュニケーションフリー(月額1,110円~)」LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロ

プラン3:「MUSIC+(1,810円~)」LINE MUSICと主要のSNSデータ消費がゼロ

月間データ容量はLINEフリーのプランのみ1GBで、その他のプランは3GB、5GB、7GB、10GBから選べます。

オプションサービスは「10分電話かけ放題(月額880円)」「端末保証(月額450円~)」、その他に「Wi-Fiオプション」「ウイルスバスターオプション」「LINE MUSICオプション」などを用意。

LINEモバイルではSIMフリーの端末も販売しているので、格安SIMと同時に購入すれば初期設定が済んだ状態で使えます。

格安スマホ/格安SIMならLINEモバイル

格安スマホ/格安SIMならLINEモバイル

格安モバイル/格安SIMは、大手携帯電話会社ほどの手厚いサポートはないため、初心者にとってはちょっとハードルが高いように感じるかもしれません。

ただLINEモバイルを取り扱っている家電量販店や携帯販売店が全国にあるため、気軽に相談したり、申し込みできたりするので安心ですね。

スマホ代がとにかく安くなる!

料金シミュレーター

あなたにぴったりのプランをチャットで簡単診断する 料金診断をする

もっと詳しい情報は