SIMロック解除は必須なの?解除する方法やメリット・デメリットを紹介!

SIMロック解除は必須なの?解除する方法やメリット・デメリットを紹介!

大手携帯電話会社で購入したスマホは、基本的に「SIMロック」がかけられています。

SIMロックがかかっているとさまざまな面で制約が発生してしまうため、ロック解除を検討している方も多いでしょう。

しかし、その前にまず正しく理解しておきたいのが、SIMロックを解除することで発生するメリット・デメリットです。

今回は、SIMロックを解除する方法はもちろん、解除した際の具体的なメリット・デメリットについてもご紹介していきます。

SIMロック解除とは

SIMロック解除の前に、そもそも「SIMロックって何?」と首をかしげる方が少なくないかもしれません。

そんな方のために、まずはSIMロックについて解説します。

SIMロックとは?

SIMロックとは?

スマホには、「SIMカード」という加入者のID番号が記録されたICカードが搭載されています。

SIMカードは、通話・通信サービスを利用するために必要なカードであると同時に、契約者の情報を各携帯電話会社が把握する上でも重要な存在です。

しかし、基本的に購入した携帯電話会社以外のSIMカードは、端末にロックがかかっているため使用できません。

この状態を「SIMロック」がかかっていると言います。

iPhoneやAndroidは、基本的にどの大手携帯電話会社でも購入できますが、例えばauで購入したiPhoneにドコモのSIMカードを入れて電話をかける、といった使い方はできません。

「SIMロックを解除する」の意味

SIMロックを解除するということは、端末にかけられた利用制限がなくなることを意味しています。

つまり、どの携帯電話会社で購入したスマホであっても、自由にさまざまな通信会社のSIMカードを利用できる、「SIMフリー」の状態になるのです。

これで選択の幅がグッと広がり、よりよいスマホライフを送るチャンスを得られるのは間違いありません。

SIMロック解除の義務化について

少し前まで、日本では「SIMロックが解除できないのは当たり前」という状況でした。

この文化が変わったのが、2015年5月、総務省によるSIMロック解除を求めるガイドラインの発表です。

このとき、「利用者の利便性を妨げる」という理由からSIMロック解除が義務化されたため、2015年以降に発売されたスマホであれば、基本的には任意でSIMロックを解除することが可能になっています。

SIMロックを解除するメリットとデメリット

SIMロックを解除するメリットとデメリット

それでは、SIMロックを解除することによるメリット・デメリットはどんなことがあるのか、詳しく解説していきます。

SIMロック解除のメリット

SIMロックを解除する最大のメリットは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供している格安SIMを自由に選べるという点です。

格安SIMとは、大手携帯電話会社よりもリーズナブルに利用できる通信サービスのこと。

格安SIMをうまく使えば、利用料金は格段に安く抑えることができます。

また、大手携帯電話会社のような契約期間や自動更新などの縛りがないため、より自由にさまざまな格安SIMを選べます。

ただし、端末によっては目当ての格安SIMを利用できないケースもあるため、事前に使いたいSIMと端末をよく確認しておく必要はあるでしょう。

また、海外に行くならば、ロックは解除しておいたほうが大きなメリットがあります。

海外のSIMも自由に利用できるので、現地で使い勝手のよい格安SIMを購入するという選択も可能です。

SIMロック解除後でも、その携帯電話会社のSIMを使用し続けることはできるため、選択肢を広げたいという方はまずSIMロックを解除しておいたほうが無難です。

SIMロック解除のデメリット

SIMロックを解除することによるデメリットはありません。

利用できる携帯電話会社が増え、より自分に最適なスマートフォンライフを送ることができます。

SIMロックを解除する際、携帯電話会社によっては解除するために手数料が発生するケースがあります。

例えば、SIMロック解除を携帯ショップで行った場合は手数料として3,000円(税抜)を支払わなければなりません。

これはその他の携帯ショップであっても、同様です。

SIMロック解除はウェブサイト上でも行えます。この場合、手数料はありません。

大手携帯電話会社各社、手順をわかりやすく説明してありますので、お金をかけたくない場合は、自身でSIMロック解除を行うのも手です。

SIMロックを解除する方法とは

SIMロックを解除する方法とは

SIMロックは携帯電話会社側で行うため、基本的には解約する前にロックを解除しなければなりません。

SIMロックを解除する方法はいくつか存在しますが、携帯電話会社によって違いもあるため、以下で詳しくご紹介します。

店頭・ショップで行う

最も一般的なのは、店舗にスマホを持っていき、SIMロックを解除してもらう方法です。

プロのショップスタッフに任せればまずトラブルは発生しないため、安心してロックを解除することができるでしょう。

ただし先にご紹介した通り、店頭でSIMロックを解除しようとすると、手数料が発生してしまいます。

ウェブサイトで行う

SIMロックは携帯電話会社のウェブサイトから手続きをし、自分の手で解除することもできます。

ウェブからであれば店頭と違い手数料が発生しません。

解除までの手順はそこまで難解ではなく、ウェブの申し込みに慣れている方であれば問題なく進めていけるでしょう。

ただし、2015年5月より前に発売された端末の場合は、ウェブ上ではSIMロックの解除ができないケースもあります。

また、大手携帯電話会社はドコモのみスマホでの申し込みを受け付けていないため、必ずパソコンで申し込まなければなりません。

電話

大手携帯電話会社の中ではドコモのみ、電話でのSIMロック解除を受け付けています。

電話の指示に従って解除の手順を踏んでいけば、間違いなく目的を果たせるでしょう。

ただし、店頭で解除するのと同様に3,000円の手数料が発生してしまいます。

SIMロックが解除されているか確認する方法

自分のスマホがSIMロック解除されたかを確認する方法として最も確かな方法は、契約している携帯電話会社にチェックしてもらうことです。

もし、わざわざ店舗に行ってチェックしてもらうのは手間だと思うのであれば、実際にSIMを差し替えてみるといいでしょう。

きちんと作動するようなら、しっかりSIMロックが解除されている証拠になります。

SIMロックを解除する前に確認すべきこと

SIMロックを解除する前に確認すべきこと

SIMロック解除をする際は、「解除の適用条件を満たしているか」を確認しておくことも大切です。

SIMロック解除の適用条件は携帯電話会社によって異なります。

ドコモの適用条件

ドコモでSIMロック解除が適用される条件は、以下の通りです。

  • SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
  • 購入から100日が経過している(購入代金を清算済みの場合は経過してなくてもOK)
  • 端末で利用料金やお支払いが確認できる
  • ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない

ソフトバンクの適用条件

ソフトバンクでSIMロック解除が適用される条件は、以下の通りです。

  • SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
  • 端末の持ち主が契約者本人である
  • 購入から101日以上経っている(一括払いで購入している場合は100日以内でも可能)
  • ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない
  • 解約済みの場合は、解約日から90日以内であること

auの適用条件

auでSIMロック解除が適用される条件は、以下の通りです。

  • 2015年5月以降に発売されたもので、SIMロック解除対応端末である(ウェブサイトで確認可能)
  • 購入日を1日目とし、購入から101日が経過している(一括払いで購入している場合は100日以内でも可能)
  • 契約者本人が端末を購入している
  • ネットワーク利用制限などの制限がかかっていない
  • 解約済みの場合は、解約日から100日以内であること

ドコモのみ条件次第で日数制限なくSIMロックを解除できますが、基本的に3社とも解除の条件は似ているため、よく確認しておきましょう。

SIMロック解除を検討してみよう

SIMロック解除にデメリットはなく、選択の幅をグッと広げてくれます。

SIMロック解除をしても、現在契約中の携帯電話会社は利用できます。

ですので、この機会にぜひSIMロックを解除して、魅力的なプランを用意している格安SIMを自由に選んでみてはいかがでしょうか。

※特に記載のある場合を除き、記載の金額は全て「税抜き」表示です。

スマホ代がとにかく安くなる!

料金シミュレーター

あなたにぴったりのプランをチャットで簡単診断する 料金診断をする

もっと詳しい情報は