格安スマホでau回線を利用する際のポイントや注意点

格安スマホでau回線を利用する際のポイントや注意点

最近、テレビCMなどで見かけることも多くなってきた「格安SIM」。

格安SIMを利用することで、月々のスマホ料金を安く抑えることも可能です。

中には格安SIMへの乗り換えを検討している人もいるのではないでしょうか?

格安SIMに乗り換えるのであれば、事業者やプランだけでなく、「どの回線を選択するのか」にも気をつかっておきたいものです。

そこで今回は、格安SIMでau回線を選ぶ際のポイントや注意点などをご紹介していきます。

MVNO・格安SIMの仕組みについて

MVNO・格安SIMの仕組みについて

まずは格安SIMを使用するうえで知っておきたい「格安SIM」の仕組みや「MVNO」について解説します。

MVNOとは?

格安スマホや格安SIMについて調べていると、MVNOという言葉を目にする機会も多いと思います。

「MVNO」とは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の頭文字をとった言葉です。
自社で通信回線設備を持たず、大手携帯電話会社から回線を借りて通話やデータ通信サービスを提供する事業者のことを指します。

この格安で利用できる通信サービスを「格安SIM」と言い、LINEモバイルをはじめとした格安SIMを提供している事業者をMVNOと言います。

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMが安い理由として、自社で回線を持たずau・ドコモ・ソフトバンクといった大手携帯電話会社の回線を借りているため、基地局の維持費などを抑えられる点が挙げられます。

また、広告費や人件費などを削減していることも低価格が実現できている理由の一つです。

回線の種類もポイントに

回線の種類もポイントに

格安SIMへ乗り換える際には事業社やプランを慎重に選ぶと思いますが、契約できる回線の種類もあわせてチェックしておきたいポイントです。

なぜ回線選びが重要なのか、その理由を見ていきましょう。

SIMロック解除が不要なケースがある

大手携帯電話会社で購入したスマホには、他の回線でスマホが使用できない状態にする「SIMロック」がかかっています。

そのため、今まで使っていたスマホで格安SIMを利用するならSIMロックを解除しなければなりません。

しかし、「スマホを購入した大手携帯電話会社と乗り換え先の格安SIMの回線が同じ場合」は、SIMロックを解除しなくても今のスマホをそのまま使い続けることができます。

例えば、ドコモで購入した端末は、SIMロック解除なしでドコモ回線を利用することができます。

手持ちのスマホを格安SIMで使い続けることができれば、スマホ代(端末代)がかからないため大きな節約になるでしょう。

また、SIMロックを解除するための手数料がかからない点は初期費用の削減に繋がります。

ただし格安SIMは乗り換えが簡単なため、今後も格安SIMの利用を考えているのであればSIMロックを解除しておくのも一つの手です。

回線によって通信速度が変わることがある

格安SIMは大手携帯電話会社の回線を借りているため、お昼休憩や仕事終わりの夜間など、回線が混雑する時間帯では通信速度が遅くなる可能性があります。

最近では通信速度も安定してきましたが、通信が遅くなることにストレスを感じてしまう人も少なくないはず。

通信速度の低下は回線の混雑が原因なので、選ぶ回線によっては過度な通信速度の低下を避けることが可能です。

au回線の特徴

au回線の特徴

サービスエリアはauと同じ

格安SIMでも、サービスエリアはauと変わりません。
auの4G LTEと同じエリアでネットや通話を利用することができます。

対応端末については注意が必要

au回線の通信方式はドコモやソフトバンクと周波数帯(バンド)が異なります。
端末によってはSIMロックを解除しても格安SIMのau回線を利用できない場合や、4G LTEエリアでの通信機能しか使えない可能性があるのです。

また、auで購入したスマホを使用していたとしてもSIMロック解除が必要となる場合があるため、乗り換え前に事業者の動作確認端末を確認しておく必要があるでしょう。

MVNO各社au回線プランの比較

ここで、au回線に対応しているMVNO各社のプランについて比較していきたいと思います。
※音声通話対応で最安値の料金プランを記載しています。

UQ mobile

データ高速+音声通話プラン
月額基本料金 1,680円/月
(データ容量3GB)
最低利用期間 12か月
違約金 9,500円

UQモバイルはKDDIグループのMVNOであり、auのサブブランドとして扱われています。
格安SIMの中でトップ3に入るほど通信速度が速く、店舗数が多いことが特徴です。

今回ご紹介したプラン以外に、無料通話がついた「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」も用意されており、家族割を利用すれば月額1,480円~という料金でスマホを持つことが可能です。

ただし、このプランでは「2年契約で自動更新」「2年目からは料金が上がる」「3年目からデータ容量が減る」という点に注意する必要があります。

mineo

デュアルプラン(データ通信+音声通話)
月額基本料 1,310円/月
(データ容量500MB)
最低利用期間 なし
違約金 なし

mineoは、関西電力系列の企業が運営しているMVNOです。2018年の上期・下期で顧客総合満足度1位を獲得したことでも知られています。

余ったデータ容量をmineo利用者で共有することができる「フリータンク」やパケットシェア・パケットギフトなどデータサービスが豊富であることが特徴。

ただし、最近の格安SIMでは多くなってきたデータフリーサービスがない点や、違約金がない代わりに12か月以内の転出でMNP転出時違約金10,260円(税込)とMNP転出手数料2,160円(税込)がかかる点には気をつけておきましょう。

BIGLOBEモバイル

音声通話SIM
月額基本料 1,400円/月
(データ容量1GB)
最低利用期間 12か月
違約金 8,000円

BIGLOBEモバイルは、プロバイダでも有名なBIGLOBEが運営している格安SIMです。

特徴として、Youtubeをはじめとした対象アプリでの動画や音楽の視聴ではデータ容量を消費しない「エンタメフリーオプション」というサービスがあります。
また、6GB以上のプランでは、全国約8万スポットで使用可能なWi-Fiサービスが1ライセンス無料に。

ただし、BIGLOBEモバイルは直営店舗がないため、対面での相談ができません。また、解約方法は電話のみとなっています。

楽天モバイル

ベーシックプラン
月額基本料 1,250円/月
(データ上限なし。最大通信速度200kbps)
最低利用期間 12か月
違約金 9,800円

楽天モバイルは、楽天系列の企業が運営している格安SIMです。
取り扱い端末が多く、端末のセールなども頻繁に行っている点が特徴。
また、月額料金で楽天ポイントが貯まります。

ただし、最安値のベーシックプランは高速通信に対応しておらず、通信速度が遅い点は弱点と言えます。

そして、楽天モバイルでおすすめされている「スーパーホーダイ」はau回線に対応していないため、au回線で高速通信を利用するなら「月額1,600円~」の組み合わせプランを選択しなければなりません。

現在、楽天モバイルはMVNOとしてドコモ回線とau回線を利用していますが、2019年10月以降に自社回線への移行(MNOになる)が予定されています。

LINEモバイル

LINEフリー
月額基本料 1,200円/月
(データ容量1GB)
最低利用期間 12か月
違約金 9,800円

LINEモバイルはコミュニケーションアプリ「LINE」でおなじみ、LINE株式会社の子会社が運営する格安SIMです。

LINEをはじめとしたSNSなどの対象アプリでは、データ容量を消費しないコミュニケーションフリーのサービスがあります。

MVNOの中では唯一のLINEの年齢認証やID検索にも対応しています。

ただし、10分電話かけ放題オプションしかないため、電話をよく使う方にとっては通話料が高くなってしまう可能性があります。

また、LINEモバイルでは他のプランにした場合でもデータ容量が最大10GBまでしか用意されていない点に注意してください。

LINEモバイルでau回線を使用する

LINEモバイルでau回線を使用する

LINEモバイルは2019年4月からau回線のサービスを開始し、au・ドコモ・ソフトバンクの3つの回線から選択が可能になりました。

どの回線でも料金プランに差がありません。

au回線を利用する際の注意

データSIMの提供はなし

au以外の回線では通話通話とSMSできないデータSIMを取り扱っていますが、au回線の場合はその仕様上の関係により、データSIMの取り扱いがありません。

auで購入した端末でもSIMロックの解除が必要な場合も

一般的に回線が同じ場合はSIMロックの解除が不要ですが、au回線の場合はSIMロックを解除しないと格安SIMのau回線を利用できない可能性があります。

そのため、今のスマホをそのまま使いたい場合は、動作確認済みの端末かどうかご確認ください。

まとめ

格安SIMへの乗り換えを検討しているのであれば、MVNOやプランだけでなく、使用する回線についてもしっかりとチェックしておく必要があります。

回線によっては、今使っている端末が利用できない場合や提供されているサービスに違いがあるため、事前に乗り換え先の携帯電話会社のウェブサイトを確認しておきましょう。

※特に記載のある場合を除き、記載の金額は全て「税抜き」表示です。

スマホ代がとにかく安くなる!

料金シミュレーター

あなたにぴったりのプランをチャットで簡単診断する 料金診断をする

もっと詳しい情報は