【端末レビュー】ハイスペックだけどミドル価格な「HUAWEI nova 5T」

11/29から販売開始になったHUAWEIの新端末「HUAWEI nova 5T」を今回はご紹介します。

HUAWEI nova 5T
HUAWEI nova 5T

スペックと価格で比較

スペックと価格で比較

HUAWEI nova 5Tの特徴は、端末詳細のページでご確認いただくとして、こちらでは金額と簡単なスペックをまずご紹介します。


HUAWEI nova 5Tは、一括で54,500円。


スペックは下記の通りです。


・CPU:HUAWEI Kirin 980

・ROM:128GB

・RAM:8GB

・カメラ:約4,800万画素(アウトカメラ)

     約1,600万画素(アウトカメラ)

     約200万画素(アウトカメラ)

     約200万画素(アウトカメラ)

     約3,200万画素(インカメラ)

・バッテリー:3,750mAh


注目したいのは、CPUがHUAWEI Kirin 980でカメラが最大約4,800万画素で、インカメラ含めてレンズが5つで、RAMが8GBということ。


このスペックは、なんと77,880円で販売中のHUAWEI P30よりも上!

なのに安い!


近いCPUのものと比較してみました。


近いCPUのものと比較
近いCPUのものと比較

価格では一番安いのに、RAMは高く、カメラ数も多いのがわかっていただけると思います。

(ROMと最大画素数は同等)



近い金額のもので、スペックの比較もしてみました。

近い金額のもので、スペックの比較
近い金額のもので、スペックの比較

CPUは種類が違うので単純比較はできませんが、他の項目を見ても、高いスペックということがわかります!


54,500円っていう金額は単体でみると高いと感じますが、スペックで考えてみるととてもお買い得だと思います。

お値段以上のカメラスペック

お値段以上のカメラスペック

HUAWEI nova 5Tには合計5つのカメラが搭載されています。


1つめは約4,800万画素の標準カメラ。

2つめは約1,600万画素の超広角カメラ。

3つめは約200万画素のマクロカメラ。

4つめは約200万画素の被写界深度カメラ。

5つめは約3,200万画素のセルフィーカメラ。


論より証拠。実際に撮影をしてみたのでご覧ください!

広角で撮影

広角で撮影

カメラアプリを立ち上げて、最初の標準等倍で右側に表示される「1x」を下にスライドすると広角に、上にスライドするとズームになります。

広角で撮影
広角で撮影

渋谷に行ってスクランブル交差点を撮影してみました。

スクランブル交差点を撮影
スクランブル交差点を撮影

全然違いますね。

もちろん同じ場所からどちらも等倍で撮影しています。


広角レンズなので仕方ないのですが、ちょっとだけ周辺が歪んでいるのが気になりました。

マクロ(接写)で撮影

マクロ(接写)で撮影

次にマクロ(接写)。


「その他」から「スーパーマクロ」を選択すると、4cmの距離で撮影することができます。

マクロ(接写)で撮影
マクロ(接写)で撮影

iPhone 7だと目のアップまで近くとボケてしまいますが、マクロだと焦点があったまま。


質感まで捉えることができます。

背景をボカして撮影

背景をボカして撮影

次に「アパーチャ」と「ポートレート」を使って背景をボカしてみました。


ブツ撮りはアパーチャーモードで。

「その他」から「アパーチャ」を選択することで適用できます。

アパーチャーモード
アパーチャーモード

撮影物にタップしてピントをあわせると、背景が自然とボケボケに。


ボケのレベルを調整することができるので、一眼レフで撮ったような写真をとることができます。



人物はポートレートモードで。

ポートレートモード
ポートレートモード

人の顔を認識すれば適用されます。


後ろの人がボケてますね(後ろにも焦点があっていれば手乗り写真だったのに)。

夜景を撮影

夜景を撮影

「夜景」を選択するだけで撮影可能です。


新宿の玄関口「バスタ新宿」を撮影してみました。

夜景を撮影
夜景を撮影

写真右側の「バスタ新宿」のネオンが、HUAWEI nova 5Tだとはっきり写ってますね!


HUAWEI nova 5Tの方が光を綺麗に写しているのが一目瞭然だと思います。


ただ、夜景モードで1枚撮るには、シャッターボタンを押してから撮影完了までは数秒かかりました。


脇を締め、手ブレをしない体勢が必要なので注意が必要です。

憧れのアレを撮影

憧れのアレを撮影

インスタなどで写真が上手が人がよく撮っているアレを、HUAWEI nova 5Tでは簡単に撮ることができました!

テールライトトレイル
テールライトトレイル

車の軌道が光で表現されるアレです。

「テールライトトレイル」っていう名前でした。


他にも、「ライトグラフティ(花火などの残光で文字が描ける)」や「シルキーウォーター(滝や川の流れる水面を滑らかに表現する)」や「スタートラック(星空の光の軌跡を撮影)」なども撮影可能。


インスタで写真アカウントがすぐに始められそうです。

データ移行は「Phone Clone」がかなり便利!

データ移行は「Phone Clone」がかなり便利!

スマホの機種変更をするときに一番面倒なデータ移行。バックアップを取って復元して…と手間がかかりますよね。


ですが、HUAWEIには標準でインストールされている「Phone Clone」というアプリがあり、これを使えば簡単に新しいスマホにデータを移行できます!


Wi-Fiさえあればできるので、PCも不要。難しい操作も一切なく、サクッと終わります。


機種変更前のスマホにもあらかじめ「Phone Clone」をダウンロードしておく必要があります。


また、機種変更前のスマホがHUAWEI端末の場合は、ほとんどのデータを移行できるのですが、それ以外の場合には移行ができないデータがあるのでご注意ください。


移行が不可能なアプリは別途インストールする必要があり、アプリの中身(データやアカウント、ゲームならセーブ情報など)までは引き継げません。


各アプリで必要なデータ部分などはあらかじめ各アプリ内での引き継ぎ作業をしておきましょう。

HUAWEI端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

HUAWEI端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

•連絡先

•メッセージ

•カレンダー

•写真

•ビデオ

•音楽

•アプリとアプリのデータ

•設定

•アラーム

•メモ

•ブラウザのブックマーク

がデータ移行可能


他社Android端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

他社Android端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

・連絡先

・メッセージ

・写真

・ビデオ

・音楽

・アプリ

がデータ移行可能

iPhoneからHUAWEI端末への機種変更の場合

iPhoneからHUAWEI端末への機種変更の場合

・連絡先

・写真

・ビデオ

がデータ移行可能

データ移行の手順

データ移行の手順

他社Android端末・HUAWEI端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

他社Android端末・HUAWEI端末からHUAWEI端末への機種変更の場合

1. 旧端末、新端末それぞれに「Phone Clone」をインストールして起動


2. 新端末に表示されているQRコードを読み取る


3. データを選択し、転送を開始

iPhoneからHUAWEI端末への機種変更の場合

iPhoneからHUAWEI端末への機種変更の場合

1. 旧端末、新端末それぞれに「Phone Clone」をインストールして起動


2. 旧端末を、新端末のホットスポットWi-Fiに接続


3. データを選択し、転送を開始

便利機能

便利機能

よく使う機能は、手軽に使いたいですよね。


使ってみて便利だなって思った機能をいくつか紹介します。

着信をミュート/音量を下げる

着信をミュート/音量を下げる

シーンとしている場所なのに突然の着信・・・!


そんなときはスマホを裏返しするだけですぐミュートに。

持ち上げると音量を下げることができます。

着信をミュート/音量を下げる
着信をミュート/音量を下げる

画面を分割

画面を分割

撮ったスクショを見ながらウェブやアプリで入力したいのに・・・!

って時ありませんか?


例えば、クーポンコードの入力。

クーポンコードのお知らせがメールやLINEで来たので一旦スクショ。


コピペができなかったので、そのスクショを見ながらクーポンコードを入力したい時などなど。

(私はよくあります)

画面分割の方法は、画面をノックの指で1回たたき、スーッと横に線を引くだけ。


今まで開いていた画面が上部にきますので、下の画面は同時に見たいアプリを選択してください。


もちろん、マルチタスクボタンの長押しでもOKです。

※Android7.0以上の他メーカーの端末でも同じ動作で可能。

スクリーンショット

スクリーンショット

HUAWEI nova 5Tのスクリーンショットの撮り方は2種類あります。


ひとつは、3本指で画面をなぞる。

もうひとつは、画面を2回ノック。

スクリーンショットの取得
スクリーンショットの取得
3本指で画面をなぞる
3本指で画面をなぞる
画面を2回ノック
画面を2回ノック

3本指でなぞる方は、上からなぞりすぎると、スクリーンショットではなく、ショートカットメニューが立ち上がることが多かったので注意が必要です。

シンプルなデザイン

シンプルなデザイン

最後に外観をご紹介。



(↓)ディスプレイはバゼルが狭く、動画やゲームなど最大限に画面を楽しめます。


インカメラは左上にちょこんといます。

インカメラは左上
インカメラは左上

(↓)背面は、ミッドサマーパープルのみ、novanovanovanovanovanovanovanovanovaという文字が反射で綺麗に見えます。


クラッシュブルーとブラックはシンプルな背面で、鏡として使えるほどの美しい光沢です。

背面
背面

(↓)背面から見た場合の左サイドには、指紋認証にも使う電源ボタンと、音量調節ボタンがあります。

左サイド
左サイド

(↓)背面から見た場合の右サイドには、SIMカード挿入口が。


SIMピンを使えば、SIMカードトレーを取り出すことができます。

右サイド
右サイド
SIMカードトレー
SIMカードトレー

(↓)背面上部には4つのアウトカメラ。

4つのアウトカメラ
4つのアウトカメラ

(↓)端末下部にはマイクと、充電コードを挿すところ。


ちなみに急速充電に対応していて、30分で約50%も回復することができます。

端末下部にはマイクと、充電コード
端末下部にはマイクと、充電コード

まとめ

まとめ

ずっとHUAWEI P30が欲しかったのですが、このレビューを書くためにHUAWEI nova 5Tを触ってみたらこっちの方が欲しくなりました。


54,500円と少々お高いですが、冒頭にも書いた通りスペックを考えるとお値段以上かと思います。


しかもRAMは8GBなので、重い(グラフィックがきれいな)ゲームもサクサク!


スマホゲームをよくする方は、重いゲームもできるスマホのスペック紹介をしているのでこちらもご参照ください。


気軽に映える写真が撮りたい方、ゲームをサクサクしたい方には特におすすめなスマートフォンです。


機種変更をお考えの方はぜひご検討ください。

※2019年11月時点での情報です。

特に記載のある場合を除き、記載の金額は全て「税抜」表示です。

販売端末一覧

豊富な端末ラインアップ LINEモバイル契約時に同時購入できる端末の一覧です。
豊富な端末ラインアップ LINEモバイル契約時に同時購入できる端末の一覧です。