格安SIMの料金は口座振替で支払いできる? 口座振替にするメリット、デメリット

格安SIMに乗り換えするときに、気になるのが支払方法です。

 

格安SIMを提供している携帯電話会社は、実店舗を持っているところは少なく、加入の際はインターネットで行います。

 

そのため、どんな支払い方法があるのかよくわからない人もいると思います。

 

大手携帯電話会社と同じ支払い方法なのか、格安SIMではどんな支払い方法があるのか、支払い方法のメリット、デメリットについて解説します。

 

格安SIMの月額料金はどうやって支払うの?

 

大手携帯電話会社の支払方法は、口座振替・クレジットカード払い・請求書払い

大手携帯電話会社の支払方法は、口座振替・クレジットカード払い・請求書払い
大手携帯電話会社の支払方法は、口座振替・クレジットカード払い・請求書払い

大手携帯電話会社であるドコモ、au、ソフトバンクでは、口座振替、クレジットカード支払いの両方に対応していて、ドコモのみ請求書による支払いもできます。

口座振替

口座振替とは口座引落とも呼ばれ、指定の口座から自動で引き落とされる決済サービスのこと。

 

公共料金や国民年金、家賃、クレジットカードの支払いなどで使われており、一般的に手数料はかかりません。

クレジットカード払い

登録してあるクレジットカード会社を通して支払う方法で、クレジットカードを持っている人なら簡単にできます。

請求書払い

携帯電話会社から毎月請求書が届き、携帯電話ショップや金融機関、コンビニエンスストアに行って、振込用紙を使って支払う方法です。

 

請求書払いは利用者側、事業者側ともに面倒で、しかも利用者側に手数料が発生するため、対応しているところが少なく、格安SIMではほとんどありません。

格安SIMではクレジットカード払いが一般的

大手携帯電話会社の支払い方法は、複数の選択肢から選ぶことができますが、格安SIMを提供している携帯電話会社では「クレジットカード払いのみ」というところが多くなっています。

 

格安SIMがクレジットカード払いにしている理由としては、料金未払いのリスクや、料金回収のコストを減らせることが挙げられます。

 

また、クレジットカードを持っているということは、社会的信用力があると判断できるので、簡易な手続きで契約することが可能になるのです。

 

もちろん利用者側にもメリットがあります。

 

クレジットカードがあれば、インターネット上で契約が簡単にできる、手元に現金がなくても後で精算できる、支払う金額によりポイントが付与されるなど、利便性の面でも金銭面でも利点があります。

クレジットカードを持っていない場合の支払い方法は?

口座振替が可能な携帯電話会社もあります。

 

「Y!mobile」「UQ-mobile」「楽天モバイル」「OCNモバイル」「BIGLOBEモバイル」などでは、口座振替に対応しています。

 

ただし、口座振替を希望する場合は、郵送や店頭での申し込みが必要になることが多いようです。

 

また、契約内容も、データSIMのみといった制約があったり、口座振替手数料が発生したりするところもあります。

 

さらに、デビットカードで支払い可能な携帯電話会社もあります。例えば「楽天モバイル」「mineo」「ロケットモバイル」などです。

 

デビットカードとはクレジットカードに似ていますが、使用したらその場で口座から引き落とされるところがクレジットカードとは異なります。

 

また口座残高の範囲でしか使えませんが、基本的に審査がなく作れるので、クレジットカードよりは手軽に持つことができます。

 

その代わり、対応しているデビットカードが限定されていたり、条件があったりするので、使いやすさといった点で見たら、クレジットカードにはおよばないでしょう。

格安SIM別 口座振替の条件
格安SIM別 口座振替の条件

格安SIMを口座振替にするメリット、デメリット

格安SIMを口座振替にするメリット、デメリット
格安SIMを口座振替にするメリット、デメリット

格安SIMで口座振替するメリット

格安SIMで口座振替を選ぶメリットとしては、なんといってもクレジットカードを持っていない人でも契約ができるということでしょう。

 

クレジットカードを作るには厳しい審査もありますし、何らかの事情があって作れない人もいます。

 

また、クレジットカード自体を持ちたくないという現金派の人もいるでしょう。

 

さらに、毎月の引き落とし日が決まっていて管理がしやすいことや、自ら支払いに行かなくても自動で引き落とされることなども、メリットに挙げられます。

 

通帳を見れば、毎月どのくらいの料金を支払っているのか長期的に把握できるのも良いところでしょう。

格安SIMで口座振替するデメリット

 

1 選択肢が狭い

 

 

格安SIM会社の口座振替は、「口座振替に対応している格安SIM会社が少ないこと」が一番のデメリットだと言えます。

 

口座振替ができるところを探すとなると、お好きな格安SIM会社、プラン、回線を選ぶ以前の段階で選択肢がかなり絞られてしまいます。

 

 

2 時間がかかる

 

 

口座振替が設定可能であっても、店舗や郵送での手続きが必要なこともあり、契約完了までに時間を要します。

 

そのため、SIMカードが届くまで時間がかかるので、実際に使えるようになるのが遅くなってしまうのです。

 

格安SIMの良いところは、大手携帯電話会社と違ってインターネットで契約できて、すぐにでも乗り換えができるということ。

 

手軽さを求める方や、すぐにでも格安SIMが欲しい方にとっては、時間がかかるのは大きなデメリットでしょう。

 

 

3 手数料がかかる

 

 

さらに口座振替では引き落としのときに手数料が発生するところもあります。

 

たとえ100円程度でも、年間で考えると1,000円以上の差が出てきます。

 

 

4 審査がある

 

 

ただの支払い方法の設定といえども、口座振替を申込む場合にも審査が行われます。

 

審査といっても申込者の支払い能力を確認することが目的なので、これまで大手携帯電話会社では普通に口座振替で支払っていたという人は特に問題はないでしょう。

 

ただし、審査が通らない場合もあるのでご注意を。

 

 

5 最初の数回はコンビニ払いになることも

 

 

口座振替の設定完了までに1~2ヶ月かかる場合が多く、その期間まではコンビニ払い利用になります。

 

それまでは払い忘れのないようにしないといけなかったり、払いにわざわざ行かなければならなかったりするのでやや面倒が生じます。

 

 

6 端末代金が適応不可か一括払い

 

 

端末代金においては、分割払いは不可のケースもあります。

 

口座振替にするなら、端末代金は一括払いのみもしくは、口座振替での支払い自体できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

例えば、OCNモバイルONEの場合は、クレジットカード払いのみ受け付けとなっており、端末もSIMと同時購入となると、月々の利用料金自体もクレジットカード払いのみとなってしまいます。

 

楽天モバイルの場合は、一括払いでも口座振替は不可で、代引きもしくはクレジットカード払いのみです。

LINEモバイルはLINE Pay カードの利用で口座振替のように

 

LINEモバイルの支払方法は2種類

LINEモバイルの支払方法は2種類
LINEモバイルの支払方法は2種類

LINEモバイルの支払いは、クレジットカードとLINE Pay カードの2種類ありますが、口座振替には対応していません。

 

しかし、LINE Pay カードを使えば、間接的に口座振替のようにすることもできます。

クレジットカード

Visa LINE Payクレジットカードを含む、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubが利用できます。

 

ただし、デビットカードやプリペイドカード(LINE Pay カード以外)は使用できません。

 

クレジットカードで支払うことで、クレジットカード会社が設定しているポイントが付与されます。

LINE Pay カード

LINE Pay カードって?

 

LINE Pay カードは、LINE Payに登録した方が発行できる、チャージ式のプリペイドカードのことです。

LINE Payカード
LINE Payカード

JCBと提携しているので、インターネットでの買い物はもちろんのこと、LINE Pay決済ができないコンビニエンスストアやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用できます。

 

 

LINE Pay カードはあくまでプリペイドカードですので、LINE Pay残高にあらかじめチャージしておく必要がありますが、クレジットカードと同様に広い用途で利用できる利点があります。

 

銀行口座を登録してオートチャージの設定にしておけば、口座振替のような使い方も可能です。

 

またLINE Pay カードは、バーチャルカード(カードそのものはなく、カード番号のみが発行)をLINEアプリ上で発行することができます。

 

物理的なLINE Pay カードと同じカード番号で利用できます。

 

もしLINEモバイルをLINE Pay カードで申し込みたいけど、LINE Pay カードが届くまでに時間がかかりそう。でも早く申し込みたい…!という場合は特にバーチャルカードはすぐにカード番号を発行できるので便利です。

LINE Pay カードの申し込み方法

 

 

カードは、LINE Pay画面から郵送手続きにて入手可能です。

LINE Payの「設定」>「LINE Pay カード」>「プラスチックカード」から簡単に手続きができます。

LINE Payカードの申し込み方法
LINE Payカードの申し込み方法
LINE Payカードの申し込み方法
LINE Payカードの申し込み方法
LINE Payカードの申し込み方法
LINE Payカードの申し込み方法

カードのデザインを選んで、名前と住所を入力するだけ。審査はなくとっても手軽に完了します。

 

カードが手元に届いたら、利用開始手続きを必ず行ないましょう。

 

同梱されているQRコードを読み取り、カード裏面のお客様番号の下3桁の番号を入力して、登録完了です。

LINE Pay カードのチャージ方法

LINE Payカードのチャージ方法
LINE Payカードのチャージ方法

チャージ方法は5通り。

 

銀行口座、セブン銀行ATM、ファミリーマート(Famiポート)、ローソンのレジでチャージ、アインズ、アインズ&トルペ、LIPS&HIPSのLINE Pay導入店舗でのチャージです。

 

ここで、銀行口座連携をしておき、銀行口座からチャージされるようにしておけば、LINEモバイルの支払いを間接的に口座引き落としにすることができます。

 

さらに、オートチャージ設定にしておけば、LINE Pay カード残高が設定残高を下回った場合、銀行口座からのオートチャージもできて便利です。

銀行口座との連携方法

 

 

LINE Payは銀行口座を登録すると、場所も時間も問わずいつでもどこでもチャージ可能になります。

 

先述したように、LINEモバイルの支払いを間接的に口座引き落としにもできるだけでなく、LINEの友だちへの送金や割り勘、銀行口座への出金など、ご利用いただけるサービスが広がります。

 

まずは、ラインアプリの「ウォレット」をタップし、「+」ボタン、銀行口座を選択します。

 

あとは各銀行のサイトに飛びますので、口座情報や暗証番号など、必要な情報を入力するだけで完了です。

 

 

注意点

 

 

LINEモバイルの支払いをLINE Pay カードにする場合、請求日(毎月5日頃)の前にチャージが必要です。

 

オートチャージにしておくか、毎月頭までに残高を確認しましょう。

 

また、端末を分割払いで購入する場合にはLINE Pay カードを利用できません。

端末を分割払いで購入する場合、端末代金の支払い方法はクレジットカード払いのみです。

おまけ:LINEポイント

 

 

支払方法は上記の2つのうち1つを設定しないといけませんが、LINEポイントで支払うことも可能です。

 

マイページからの事前設定が必要ですが、毎月LINEポイントの残高が支払いに適用されます。

 

ただし、LINEポイントの支払い利用の対象となるのは、「月額基本利用料」と「ユニバーサルサービス料」のみで、その他の料金には使えません。

 

また、LINEポイントはLINE Pay残高に交換することもできます。

クレジットカードがなくてもLINEモバイルは支払いができます!

格安SIMの多くはクレジットカード払いのみに限定されていますが、LINEモバイルでは、2つの決済方法が選択できます。

 

クレジットカードを持っていなくても、「LINE Pay カード」があれば、一般的な口座振替のように手数料や時間をかけることなく、簡単に支払いができるのも魅力です。

 

格安SIMの月額料金支払いにも、LINE Payを活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方