ソフトバンク回線を使った格安SIMはどこがおすすめ?乗り換えのポイントって?

格安SIMを提供している携帯電話会社は、大手携帯電話会社から回線を借りて通信を行っています。

 

そのため、それぞれの回線はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線と呼ばれています。

 

今回は回線の選び方や、乗り換えのポイントについて解説します。

格安SIMに乗り換える際、回線ってどうやって選んでる?

回線によってどんな違いがあるの?

回線によってどんな違いがあるの?
回線によってどんな違いがあるの?

格安SIMは大手携帯電話会社の回線を借りて通信を行っており、それぞれの回線はドコモ回線(タイプD)、au回線(タイプA)、ソフトバンク回線(タイプS)と呼ばれています。

 

通信可能なエリアや音声通話の品質は、大手携帯電話会社と同じなのですが、通信速度は大手携帯電話会社のものよりも落ちる傾向があります。

 

また、回線によって使えるスマートフォンの種類が異なります。

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、それぞれの回線の選び方は?

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、それぞれの回線の選び方は?
ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、それぞれの回線の選び方は?

回線を選ぶ際には、大きく3つの基準に分けて考えることができます。

対応エリアから選ぶ

各回線により、対応しているエリア(電波が届くエリア)が異なります。

 

例えば、ソフトバンク回線なら、ソフトバンクが対応しているエリアと同じエリアで使うことができます。

 

自分が使いたいエリアに対応した回線を選ぶようにしましょう。

これまで使っていた大手携帯電話会社と同じ回線にする

これまで使っていた端末のままで格安SIMに乗り換えたい場合なら特に、スマートフォンを購入した大手携帯電話会社と同じ回線を使うのが基本です。

 

ただし、携帯電話会社によってはすべての回線が用意されていない場合があります。

 

使いたい端末が携帯電話会社の用意している回線に対応しているかどうかを、あらかじめ確認しておきましょう。

 

SIMロックがかかったスマートフォンの場合には、大手携帯電話会社でSIMロックを解除すると、他の回線でも使えるようになります。

 

ただし、ソフトバンクで契約していたスマートフォンをauの回線で使うなど、他の大手携帯電話会社の回線で使うと、動作に不具合が発生する場合があります。

 

各携帯電話会社で動作確認済み端末の一覧を用意しているので、事前にチェックしましょう。

 

また、格安SIMの契約と同時に格安スマホも購入する場合は、格安スマホに対応している回線であれば好きな回線を選ぶことができます。

料金やオプションサービスで選ぶ

携帯電話会社によっては、回線により月額料金が異なる場合があります。

 

そのため、単純に料金を比較して選ぶのもひとつの方法です。

 

ただ、どの回線も同じ料金で用意している携帯電話会社もあるので、その場合には用意されているオプションなどで比較してもよいでしょう。

 

LINEモバイルではわかりやすくシンプルに、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のどの端末を選んでも基本料金は一緒ですが、オプションに若干の違いがあります。

LINEモバイルで今まで使っていたスマートフォンが使えるかどうかは、「動作確認済み端末検索」から確認できます。

格安SIMにおけるソフトバンク回線の特徴

格安SIMにおけるソフトバンク回線の特徴
格安SIMにおけるソフトバンク回線の特徴

格安SIMでソフトバンク回線が使えるようになるまで

携帯電話会社の多くはドコモ回線とau回線を使っており、なかにはこの2つの回線しか用意していないというところもあります。

 

実はこれには理由があり、格安SIMが普及しはじめた当初は、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の中でも、ソフトバンク回線の導入はサービス設計が難しく、なかなかサービス展開に踏み出す事業者がいなかったからです。

 

そのため、現在でもソフトバンク回線を用意している携帯電話会社はやや少ないという状況です。

格安SIMにおけるソフトバンク回線の特徴

3Gと4Gに対応

3Gは「SoftBank 3G」、4G/LTEは「SoftBank 4G LTE」という名称でサービスが提供されています。

 

ただし、多くの格安SIMは、ガラケーのような3G専用端末では動作しません。

 

3Gと4Gの両方に対応して初めて通信が可能になります。

同じサービスエリアを提供

ソフトバンクが提供するサービスエリアがそのまま、格安SIMでもサービスエリアとなります。

 

「SoftBank 3G」、「SoftBank 4G LTE」で対応するエリアが異なりますので、詳しくはソフトバンクのサポートページでご確認ください。

ソフトバンクで使っていた端末をそのまま利用できる

ソフトバンクで契約していた端末で格安SIMを利用する場合には、基本的にはSIMロック解除しなくても使うことができます(同じソフトバンク回線でも一部SIMロック解除をしないといけない場合もありますので、必ず事前に動作確認済み端末をご確認ください)。

 

そのため、SIMロック解除の対象外とされているiPhone6以前のiPhoneも、ソフトバンクで使っていたものならそのまま利用可能です。

 

利用できる端末が多いのはメリットですね。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときのポイント

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときのポイント

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときのポイント

乗り換えの際に注意しておきたいこと

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときのポイントは、基本的にはドコモ、auから格安SIMに乗り換える時と同じです。

ソフトバンクの契約更新月をチェック!

契約更新月以外の期間で乗り換える場合には、解約手数料が発生する場合があります。

 

もし更新月が近い場合は、契約更新月のタイミングで乗り換えるようにしましょう。

 

更新月が近くない場合は、いち早く格安SIMに乗り換えた方がお得になる場合があります。

 

例えば、毎月ソフトバンクに7,000円支払っていて、格安SIMにすると3,000円になる場合、1ヶ月で4,000円浮きます。3ヶ月分の浮くお金は12,000円になり、解約手数料(9,500円)を支払ってもお得になる計算になります。

(実際は上記のほかに、端末代や通話料、オプション代などが加算されます)

 

さらに、総務省から解約手数料を1,000円以下にする方針が打ち出され、2019/9/13からはソフトバンクでは2年契約なし・解約手数料も不要となりました(詳細はこちら)が、昔のプラン(通話基本プラン・スマ放題/スマ放題ライトや、ホワイトプラン)で2年契約のままの方は、解約手数料は必要ですのでご注意ください。

 

更新月がある人は 更新月までに、ソフトバンクに毎月支払う料金と解約手数料の合計金額、すぐに格安SIMに乗り換えた場合にかかる料金を比較し、いつに乗り換えるのが最適なのか計算してみましょう。

端末の支払い残高をチェック!

端末を分割払いしていた場合などには、まだ支払いが終わっていない分を支払う必要があります。

 

ソフトバンク契約中に、分割払いで端末代を支払っていた場合、解約後も残っている端末代は分割のまま支払い続けることができます。

 

トータルの月額基本利用料や解約手数料などと一緒に、いつ乗り換えるのがベストなのかの検討材料にしてください。

ソフトバンクの長期継続特典をチェック!

ソフトバンクでは、携帯電話の利用でたまる「PayPayボーナス」を用意しています。

 

PayPayボーナスは、利用年数と金額に応じて付与率が変わります。 

付与されたPayPayボーナスは毎月の携帯電話料金にも利用できますし、PayPay残高として PayPay加盟店で利用できます。

ソフトバンク回線を提供する格安SIMは増加中……各社の違いは?

ソフトバンク回線のプラン、各社それぞれ何が違う? 

ソフトバンク回線のプラン、各社それぞれ何が違う?
ソフトバンク回線のプラン、各社それぞれ何が違う?

ソフトバンク回線を取り扱っている代表的な格安SIM携帯電話会社の、それぞれの特徴や最低利用料金などをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

格安SIM 携帯電話会社のソフトバンク回線の料金や特徴(2019年6月時点)
格安SIM 携帯電話会社のソフトバンク回線の料金や特徴(2019年6月時点)

LINEモバイルでも、ソフトバンク回線を提供中!

LINEモバイルでも、ソフトバンク回線を提供中!
LINEモバイルでも、ソフトバンク回線を提供中!

LINEモバイルでは、ソフトバンク回線が利用できます。

 

ソフトバンクで使っていた端末であれば、iPhoneでもSIMロック解除無しで使えるものが多くあり、ソフトバンクからの乗り換えでも安心です。

 

また、LINEモバイルはソフトバンクのグループ会社なので、ソフトバンク回線を強化しており、より安定して通信を行うことができます。

LINEモバイルの特徴

LINEのトークや通話がデータフリーで使える!

データフリーとは、特定のサービスのデータ通信量がかからない機能のこと。

 

月々のデータ容量を使い切ってしまった場合でも、データフリーで指定されているサービスは速度制限がかからず、高速通信で利用できます。

 

また、データフリーはスマートフォンをルーター代わりにしてパソコンやゲーム機をインターネットに接続するテザリングにも適用されます。

シンプルな料金プランを用意

LINEモバイルの料金プランは、「SIMタイプ」と「データ容量」と「データフリーオプション」を選ぶだけです。

ベーシックプラン+データオプション
ベーシックプラン+データオプション

選ぶもの① SIMタイプ

 

音声通話SIM

大手携帯電話会社と同じように、090などで始まる電話番号で通話ができます。インターネット(モバイル通信)や、ショートメッセージ、110番・119番などの緊急通報も可能です。

 

データSIM(SMS付き)

インターネット(モバイル通信)のみが使えます。電話はLINE通話のみで問題ない方はこちらを選択してください。電話番号での通話、110番・119番などの緊急通報はできません。ショートメッセージやSMS認証は可能です。


 

選ぶもの② データ容量

 

1ヶ月で利用するデータ容量を選択してください。以下は目安です。
 

500MB

LINE通話:約20時間 LINEビデオ通話:約1.5時間 Yahoo!トップページ:約1,600回 YouTube(360p):約2時間

 

3GB

LINE通話:約120時間 LINEビデオ通話:約9時間 Yahoo!トップページ:約9,600回 YouTube(360p):約12時間

 

6GB

LINE通話:約240時間 LINEビデオ通話:約18時間 Yahoo!トップページ:約19,200回 YouTube(360p):約24時間

 

12GB

LINE通話:約480時間 LINEビデオ通話:約36時間 Yahoo!トップページ:約38,500回 YouTube(360p):約48時間
 

※弊社で独自に調査した結果であり、常にそのデータ通信量で利用できることを保証するものではありません。


 

選ぶもの③ データフリーオプション

 

LINEデータフリー

LINEアプリの利用がデータフリー(データ通信量のカウントがなく使い放題)になります。
 

SNSデータフリー

LINEアプリ・Twitter・Facebookの利用がデータフリーになります。

 

SNS音楽データフリー

LINEアプリ・Twitter・Facebook・LINE MUSIC・Instagramの利用がデータフリーになります。

※対象となっているサービスでも一部対象外となる機能があります。詳細はLINEモバイル ウェブサイトの「データフリー」ページにてご確認ください。

LINEアプリと連携でもっと便利に

LINEモバイルのアカウントとLINEアプリのアカウントを連携させることで、LINEをもっと便利に使うことができます。

 

連携には「契約者連携」と「利用者連携」の2種類があります。

 

「契約者連携」は、LINEモバイルのご契約者(お申し込みをした方)がログインIDとLINEアプリを連携させることで、マイページにワンタップでログインできるようになったり、LINEアプリのトークでいつでもチャットに問い合わせができるようになります。

 

「利用者連携」は、実際にLINEモバイルを利用する利用者が、利用コードとLINEアプリを連携することで、自分のデータ通信量をLINEの友だちにプレゼントしたり、LINEアプリ上でデータ残量を確認することなどができるようになります。

LINEモバイルなら、ソフトバンク回線を安定して使える!

ソフトバンク回線に強いLINEモバイルなら、混雑時でも回線を安定して使うことができます。

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えを考えていた方は、ぜひ検討してみてください。

 

 

※特に記載のある場合を除き、記載の金額は全て「税抜き」表示です。

※当ページの内容は2020年2月時点の情報です。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方