LINE PayでLINEモバイルの支払いってできるの?「LINE Pay」と「LINE Payカード」の違いも解説

LINE PayでLINEモバイルの支払いってできるの?「LINE Pay」と「LINE Payカード」の違いも解説
LINE PayでLINEモバイルの支払いってできるの?「LINE Pay」と「LINE Payカード」の違いも解説

近年、日本ではキャッシュレス化に向けた動きが活発になり、さまざまな電子決済サービスが生まれています。

LINE Pay株式会社が提供している「LINE Pay(ラインペイ)」もそのうちのひとつです。

 

LINE Payは普段の買い物に使えるだけでなく、LINEモバイルの支払方法としても選ぶことができます。

 

そこで今回は、LINE Pay の基礎知識やLINE Pay でLINE モバイルの料金を支払う方法についてご説明します。

LINEモバイルの支払いにはどんな方法がある?

LINEモバイルの支払いにはどんな方法がある?

LINEモバイルの支払いにはどんな方法がある?
LINEモバイルの支払いにはどんな方法がある?

基本的に格安SIMの支払方法はクレジットカードのみですが、LINEモバイルでは3つの支払方法から選ぶことができます。

 

どのような選択肢があるのか見ていきましょう。

LINEモバイルの支払方法

LINEモバイルの支払方法

クレジットカード支払い

クレジットカード支払い

支払方法の中でもっともスタンダードなのが、クレジットカード支払いです。

 

ただし、デビットカードやプリペイドカードは使用できないので注意しましょう。

LINE Pay支払い

LINE Pay支払い

LINEモバイルのお支払いでは、LINE Payを設定することもできます。

 

LINE Payでの支払方法は「LINE Payに登録したクレジットカードでの決済になり、LINE Payの残高を利用した決済ではない」という点に注意が必要です。

 

つまり、LINE Pay払いはクレジットカードがなければ利用できず、基本的にはクレジットカード支払いとほとんど変わりません。

LINE Payカード支払い

LINE Payカード支払い

LINEモバイルで、クレジットカードがなくても選ぶことができる支払方法が、LINE Payカード支払いです。

 

LINE Pay カード支払いでは、LINE Payにチャージされている残高からLINEモバイルの料金が引き落とされます。

そのためクレジットカードを持っていない場合でも、LINE Payカードを発行しておけばLINEモバイルを契約することができます。

 

ただし、引き落とし日にLINE Payの残高が不足しているとお支払いができないため、事前にチャージしておくのを忘れないようにしましょう。

 

またLINE Payボーナスは、LINEモバイルの支払いには利用できないため、LINE Payボーナスを除いた残高が、請求金額以上あるか、確認をお願いします。

 

LINE Payに銀行口座を登録しておくと、チャージを気軽に行えたりオートチャージが設定できたりするので、チャージ先は銀行口座がおすすめです。

支払いの一部はLINEポイントでも可能!

支払いの一部はLINEポイントでも可能!

「月額基本利用料」と「ユニバーサルサービス料」に限り、LINEポイントで支払うことができます。

 

ただし、スマートフォンの分割払いや通話料には使えないため、基本的にはポイント払い以外の支払方法を設定しておかなければなりません。

 

あくまで「負担を減らすための手段」として考えておきましょう。

LINE PayとLINE Payカードってなにが違うの?

LINE PayとLINE Payカードってなにが違うの?

LINE PayとLINE Payカードってなにが違うの?
LINE PayとLINE Payカードってなにが違うの?

前述したLINE PayとLINE Payカード。

この2つは名前が似ていますが、内容は異なるものです。

2つの違いについて知っておきましょう。

LINE Payとは

LINE Payとは

LINE PayはLINE Pay株式会社が提供している決済システムを指します。

LINE Payにお金をチャージすることで、LINE Payのコード決済に対応したお店での買い物やLINEの友達同士での送金が可能になります。

 

LINE Payのチャージ方法は以下の通りです。

銀行口座からチャージ

銀行口座からチャージ

銀行口座からLINE Payへ直接チャージをする方法です。

チャージする銀行を登録しておけば、いつでも簡単にチャージすることができます。

オートチャージ

オートチャージ

オートチャージの設定をすると、設定した最低残高を下回った場合に自動的にチャージが行われます。都度残高の確認・チャージをする手間がかからなくなります。

セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行のATMを使ってチャージすることもできます。

また、セブン銀行のATMを利用するとLINE Pay残高を現金として出金することも可能です。

QRコード/バーコードチャージ

QRコード/バーコードチャージ

LINE Pay加盟店のレジで、QRコードやバーコードを読み取ってもらうことでチャージができます。

LINE Payカードチャージ

LINE Payカードチャージ

全国のローソングループやアイングループのレジでは、LINE Payカードでチャージすることが可能です。

Famiポートからチャージ

Famiポートからチャージ

ファミリーマート内にある「Famiポート」を利用することでチャージができます。

LINE Pay カードとは

LINE Pay カードとは

LINE Payカードは、LINE Pay株式会社が発行しているプリペイドカードです。

LINE Payカードで支払うとLINE Pay残高から金額が引かれるため、使用する際は基本的にLINE Payチャージがされていなければなりません。

 

LINE Payはコード決済のため、対応しているお店でしか使うことができませんが、LINE PayカードにはJCBブランドがついているため国内外のJCB加盟店で使用できます。

 

LINE PayカードはLINEアプリから簡単に申し込めるので、クレジットカードがない場合は発行しておくと便利です。

 

LINE Payカードには以下の2種類があります。

バーチャルカード

バーチャルカード

現物ではなく仮想のカードです。LINEアプリ上にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどが表示されています。

 

現物がないため実店舗で使うことはできませんが、JCBに加盟しているオンラインショップなどで使用できます。

バーチャルカード
バーチャルカード

プラスチックカード

プラスチックカード

いわゆる現物のカードです。

通常のクレジットカードと同じように、JCB加盟店の実店舗で使うことができます。

プラスチックカード
プラスチックカード

LINE Payを使うとお得なことがいっぱい!

LINE Payを使うとお得なことがいっぱい!

LINE Payを使うとお得なことがいっぱい!
LINE Payを使うとお得なことがいっぱい!

キャッシュレスで買い物が可能!

キャッシュレスで買い物が可能!

LINE Payにお金をチャージしておけば、あとはカードやスマートフォンを出すだけでショッピングができるので、お金を持ち歩く必要がありません。

財布の中の小銭を探す手間もないため、お支払いもスマートに済ませることができます。

 

また、飲み会などで「割り勘」をする際も、LINEでつながっていればLINE Payでお金のやり取りが行えるため、面倒な集金も必要なくなります。

利用すればするほどボーナスがもらえる!

利用すればするほどボーナスがもらえる!

LINE Payを利用すると、月の利用額に応じて0.5%~2%の「LINE Payボーナス」または「LINEポイント(2019年11月より)」が追加されます。

LINE Payボーナスの場合は、通常のLINE Pay残高と同じように利用可能です。

 

期間限定でLINE Payボーナス・LINEポイントが上乗せされるキャンペーンなども行われているため、情報は随時チェックしておきましょう。

不定期にクーポンが配布される!

不定期にクーポンが配布される!

LINE Payでは不定期で、コンビニや飲食店などで使用できるクーポンが配布されることもあります。

LINE Payを使うときは、お得なクーポンを確認してみましょう。

普段の買い物からLINEモバイルのお支払いまで使えるLINE Pay!

普段の買い物からLINEモバイルのお支払いまで使えるLINE Pay!

LINE PayやLINE Payカードは、普段の買い物はもちろん、LINEモバイルのお支払いにも利用できます。

 

クレジットカードがなくてもLINE Pay カードがあればLINEモバイルを契約することができますので、ぜひ利用をご検討ください。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方