スマートフォンのメッセージ、使い方が知りたい!「SMS」「MMS」「メール」「iMessage」の違いは?

 

更新日:2021/3/31

スマートフォンのメッセージ、使い方が知りたい!「SMS」「MMS」「メール」「iMessage」の違いは?
スマートフォンのメッセージ、使い方が知りたい!「SMS」「MMS」「メール」「iMessage」の違いは?

スマートフォンで「文字によるコミュニケーション」を取る方法はいくつかあります。

 

最近ではLINEなどのコミュニケーションアプリが一般的になりつつありますが、連絡したい相手が同じアプリを利用していないとコミュニケーションを取れません。

 

メールやSMS、MMSなどはガラケー(フィーチャーフォン)の時代からあり、スマートフォンでも利用できる機能です。

 

今回は、そんなスマートフォンで使うことができる文字コミュニケーション機能について解説していきます。

メールとSMS・MMS・iMessageの違い

メールとSMS・MMS・iMessageの違い
メールとSMS・MMS・iMessageの違い

メール機能は日常的に使うシーンがあるかもしれませんが、メッセージ機能に関しては「あまり使うことがない」という方もいるかもしれません。

 

両者の大きな違いは、使用するアプリケーションが異なる点です。まずは、メールとSMS・MMSの違いについて見ていきましょう。

 

 

メールアプリを利用する

 

 

メールの送受信で使用するのは、メールアプリです。iPhoneでは「メールアプリ」、Androidでは「Gmail」アプリを使います。

メールアプリを利用する
メールアプリを利用する

いわゆるキャリアメールと呼ばれている大手携帯電話会社が発行したメールアドレス(@docomo.ne.jp、@i.softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpなど)、

インターネットサービスプロバイダーが発行したメールアドレス(@〜biglobe.ne.jp、@nifty.com、@〜.ocn.ne.jp、@〜.so-net.ne.jp)、

フリーメールサービスのメールアドレス(@gmail.com、@yahoo.co.jpなど)を使ってやり取りをします。

 

長文や大容量の添付ファイルを送れるのはもちろん、保存件数(多さ)、保存期間(長さ)の点で優れており、そのメリットからビジネスシーンなどでも使われています。

 

格安SIMの場合はキャリアメールを使用できないケースも多いですが、Gmailなどのフリーメールアカウントを作れば誰でもメールを使うことができます。

 

 

メッセージアプリを利用する

 

 

メッセージアプリを使用する代表的なメッセージ機能は、以下の3つです。

メッセージアプリを利用する
メッセージアプリを利用する

SMS

 

 

SMSは、電話番号を使ってやり取りを行うコミュニケーションサービス。「Short Message Service(ショート・メッセージ・サービス)」を略した言葉です。

 

電話番号に対してメッセージを送れるので、メールアドレスをいちいち聞いたり、長いメールアドレスを打ち込んだりする手間がありません。

SMS
SMS

ただし、チャット形式の短いやり取りを想定しているため、画像やデータファイルの送受信はできません。また、文字数も全角670文字までと上限が決められています(端末によって異なります)。

 

SMSは、送信時に料金がかかります。料金は1回に送信する文字数によって変わりますが、全角70文字までは3円(税別)で送信可能。それ以上は、文字数に応じて3円ずつ増えていきます。

 

SMSはウェブサービス(クラウドサービス)などにログインする際の個人認証に使われることもあり、メッセージ機能の中では比較的活用される場面があるかもしれません。

 

SMSは格安SIMでも利用可能ですが、データ専用SIMを契約している場合は別途申し込みが必要です。

 

 

MMS

 

 

前述した「キャリアメール」のことで、大手携帯電話会社が発行したメールアドレスを利用します。MMSは「Multimedia Messaging Service(マルチメディア・メッセージング・サービス)」を略した言葉です。

 

大手携帯電話会社が発行したメールアドレスを使用してやり取りを行うため、使うアプリは異なるものの基本的には「メールと同じようなもの」と考えておけば良いでしょう。

 

なお、MMSは各社で使用するためのアプリが異なります。

 

ドコモメールは「メール」アプリ、

auのEメールは「メール」アプリ、または「メッセージ」アプリのどちらかを選択する形になっています。

ソフトバンクは、キャリアメールアドレスが「@softbank.ne.jp」または「@●.vodafone.ne.jp」の場合は「メッセージ」アプリを、「@i.softbank.jp」の場合は「メール」アプリを使う仕様です。

MMS
MMS

SMSとは異なり、画像や動画といったデータのやり取りも可能。電話回線ではなくモバイルデータ回線を利用するので1通ごとに料金は発生しません。※パケット通信料は発生します。

 

多くの格安SIMはMMSに対応していませんが、なかには対応しているMVNO(格安SIM事業者)も存在します。MMSを利用したい場合は、契約前に確認しておきましょう

 

 

iMessage

 

 

iMessageは、iOS(iPhone、iPad、iPod touch、Mac)やMacの独自のメッセージ機能で、Android端末では使うことができません。

 

Appleのサーバー上に登録されているApple IDや電話番号を利用してメッセージの送受信を行います。

 

MMSのようにテキストや画像、ビデオなどを送ることができます。

iMessage
iMessage

写真や動画などのデータに加え、LINEスタンプとよく似た「ステッカー」、顔認識システムと連動した「アニ文字」「ミー文字」などを送ることもできます。

 

 

それぞれの違い

 

 

iMessageとSMS・MMSはすべて同じメッセージアプリで行うことがあるため、ぱっと見では送ったメッセージがiMessageなのかSMSなのかMMSなのかわかりにくいかもしれません。

 

SMSとMMSは、宛先が電話番号かキャリアメールアドレスかの違いです。SMSは料金が発生するので、MMSの方がお得に活用できます。送信するときは、宛先をよく確認してください。

 

iMessageとSMS・MMSの違いは、吹き出しの色です。ふき出しがSMS・MMSは「緑」、iMessageは「青」で表示されます。

それぞれの違い
それぞれの違い

スマートフォンのSMS送受信時のポイント

スマートフォンのSMS送受信時のポイント
スマートフォンのSMS送受信時のポイント

他のメッセージ機能と同じく文字でのやり取りが可能なSMSですが、使用に際してはいくつか知っておきたいポイントがあります。後で困ることのないように、しっかりとチェックしておきましょう。

 

 

送信料金がかかる

 

 

前述しましたが、SMSはメッセージを送信する際に、利用料金がかかります。料金は文字数によって異なり、全角70文字までは3円(税別)で送信が可能です。ただし、SMSを受信する場合には料金がかかりません。

 

携帯電話会社によっては、同じ会社同士のスマートフォンでメッセージをやり取りする場合に限って無料にしているところもあるため、事前にチェックしておきましょう。

 

 

iMessageやMMSに自動で切り替わる場合も

 

 

iPhoneを使っていると、「電話番号宛のSMSでメッセージを作っていたのに、送信したら、MMSやiMessageに変わっている…」ということがあります。またその逆もあり、iMessageで送ろうと思っていたらSMSになっていることもあります。

 

これは宛先の相手の端末や通信環境、送信内容(文字数が多いか、画像などのデータを送っているかなど)によって自動的に切り替わります。

 

Androidを使用している場合も同様です。契約している携帯電話会社によっては、文字数やファイルの添付など送信内容によって自動的にMMSへと切り替わるケースがあります。

 

 

なりすましに注意

 

 

SMSには、送信元を偽装した相手から「なりすまし」や「詐欺」のようなメッセージが送られてくることがあります。

 

最近では「お荷物をお届けに伺いましたが、不在のため持ち帰りました。下記よりご確認ください。http://~~」といったように、宅配事業者を装ったメッセージが届き、リンクをクリックすると本物そっくりの偽サイトに誘導される――というケースも報告されています。

 

こうしたトラブルに巻き込まれないためには、不審なメッセージに記載されたURLを不用意にタップしないことが重要です。

ガラケーやパソコンからでもSMSの送受信はできる?

ガラケーやパソコンからでもSMSの送受信はできる?
ガラケーやパソコンからでもSMSの送受信はできる?

フィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」)やパソコンにSMSを送りたいというケースがあるかもしれません。それぞれのケースに分けて、SMSの送受信が可能かどうかを解説します。

 

 

ガラケーでSMSを送受信する方法

 

 

結論から言えば、ガラケーからSMSを送受信することは可能です。方法は以下の通りです。

※使用している端末によって名称が異なる場合があります

 

1.メニューからメールを開きます。

 

2.メールから「メール作成(新規作成)」を選択します。

 

3.宛先に電話番号の入力または電話帳から宛先を参照し、文章を入力します。

 

4.送信ボタンを押して送信したら完了です。

パソコンでSMSを送受信する方法

 

 

SMSは電話番号を利用するため、基本的にはパソコンで使うことができません。ただし、iPhoneやAndroidを連携するとメッセージを送受信できるようになります。

 

なお、iPhoneはMac以外のパソコンではメッセージの送受信が許可されていません。

 

 

iPhoneとMacを使用する方法

 

 

Macのメッセージ機能にiPhoneで利用しているApple IDでサインインすることで、メッセージを送受信できるようになります。

 

 

Androidとパソコン(Windows・Mac)を使用する方法

 

 

パソコンでWebブラウザを開き、GoogleのPC版メッセージアプリへアクセスします。画面に表示されているQRコードをAndroidの「メッセージ」アプリからスキャン「認証」することで、メッセージの利用が可能になります。

「コミュニケーションアプリ」を使いこなそう!

「コミュニケーションアプリ」を使いこなそう!
「コミュニケーションアプリ」を使いこなそう!

メールアプリやメッセージアプリ以外にも、最近ではより便利なコミュニケーションアプリが多数リリースされています。

 

コミュニケーションアプリは、アプリをダウンロードし、ユーザー登録を行えば誰でも使用できるサービスです。

 

 

無料で通話も可能

 

 

「LINE」「WeChat」「Skype」などのコミュニケーションに特化したアプリでは、テキストメッセージのやり取りはもちろん、「音声通話」や互いの顔を見ながら話ができる「ビデオ通話」などの機能を基本的に無料で使うことができます。

 

通話料などの料金を気にすることなくコミュニケーションが取れるため、非常に便利なサービスと言えるでしょう。

 

また、「Twitter」「Instagram」「Facebook」といったSNSのアプリでも、DM(ダイレクトメッセージ)機能を通してメッセージのやり取りが可能です。ただしTwitterでは、相手との通話はできません。

メール・メッセージ・コミュニケーションアプリを賢く使い分けよう!

 

 

スマートフォンに備わっているメッセージアプリやメールアプリ、そして好みのサービスを選択してインストールできるコミュニケーションアプリ。いずれも文字でコミュニケーションを取れるツールですが、「できること」には大きな違いがあります。

 

それぞれの特徴を押さえて使い分けることで、より便利に、そしてより快適にコミュニケーションを楽しめるでしょう。まずはそれぞれの違いをしっかりと把握し、自分に合ったサービスを選んでください。

 

 

※当ページの情報は2021年3月時点のものです。

関連記事

LINEMO 20GB 月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ
LINEMO 20GB 月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ