格安スマホでもGPSって使える?そもそもGPSってどんなときに使われているの?

GPSとは
GPSとは

近年、いろいろな場面でよく耳にする「GPS」。

 

言葉自体は知っているものの、それがどういう機能なのかを正しく説明できる方は多くないのではないでしょうか。

 

GPSは非常に便利な半面、注意しなければならない点が多いのも事実です。

 

今回は格安SIMのご契約を考えている方に向けて、スマートフォンのGPS機能について説明していきたいと思います。

そもそもGPSってなに?

そもそもGPSってなに?

そもそもGPSってなに?
そもそもGPSってなに?

GPSとは

GPSとは

GPSは自分の位置を地図上で把握するためのシステムで、「グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)」を略した言葉です。日本語では全地球測位システムなどと呼ばれています。

 

打ち上げられているGPS衛星からの信号を受け取ることにより、位置を測定できます。

 

GPS衛星はアメリカ・ロシア・中国・欧州連合(EU)など各国が複数打ち上げており、世界中で自分の位置を確認することが可能です。

スマホでGPSを使うのはどんなシーン?

スマホでGPSを使うのはどんなシーン?

スマホでGPSを使うのはどんなシーン?
スマホでGPSを使うのはどんなシーン?

スマートフォンにおいて、GPSがどのような場面で活用されているのかご存じでしょうか?実はいろんな場面で、GPSは登場しています。一例を見てみましょう。

地図アプリ

地図アプリ

GPSが最も活用されているのは地図アプリでしょう。

GPSと連携することで自分のいる位置を確認できるため、徒歩や自転車でもカーナビのような使い方をすることができます。

なくしたスマートフォンの捜索

なくしたスマートフォンの捜索

スマートフォンをなくしてしまった際も、GPSを活用すればどこにあるのか探し出せます。

ただし、スマートフォンの電源が入っていない場合、通信ができない状態の場合は位置情報にアクセスできません。

写真を撮った場所の記録

写真を撮った場所の記録

カメラアプリで写真を撮った際に、撮影場所が写真データにメモされるため、地域ごとにまとめることができます。

ゲームアプリとの連動

ゲームアプリとの連動

最近では、GPSを利用したゲームアプリが増えています。

画面上のマップを移動したり、近くにいる人と協力プレイができたりするなど、GPSがゲームを盛り上げてくれます。

格安SIMでもGPSって使える?

格安SIMでもGPSって使える?

格安SIMでもGPSって使える?
格安SIMでもGPSって使える?

格安SIMでもGPSは使える?

格安SIMでもGPSは使える?

格安SIMであってもスマートフォンがGPSに対応していればGPS機能を使うことができます。

ただし、使用する端末によっては下記のようなGPS機能に差が出ることも。

格安SIM×大手携帯電話会社端末

格安SIM×大手携帯電話会社端末

大手携帯電話会社の端末で格安SIMを使う場合、GPSの通信に時間がかかったり精度が落ちたりする場合があります。

 

通常、位置情報を取得する際にはGPSだけではなく大手携帯電話会社が提供する位置情報データも使用しますが、格安SIMに乗り換えるとそのデータを受信することができなくなるためです。

格安SIM×SIMフリー端末

格安SIM×SIMフリー端末

SIMフリー端末のスマートフォンを使用する場合は、大手携帯電話会社の位置情報データではなくGoogleのデータを取得します。

そのため、GPSを問題なく使うことができます。

GPSを使う際に気をつけておきたいこと

GPSを使う際に気をつけておきたいこと

GPS機能は非常に便利ですが、時には注意が必要な場面もあります。

自分の位置が知られてしまう可能性がある

自分の位置が知られてしまう可能性がある

GPSは自分の位置を知ることができる便利な機能ですが、場合によっては「自分の位置を他人に知られてしまう」かもしれません。

 

位置情報を添付したSNSの投稿、ウイルスの感染、ハッキングなどによって不特定多数の人に自分の位置情報が漏れる可能性があります。

 

最悪の場合、ストーカー被害などにつながることもあるので、「自宅付近ではGPSをオフにする」などの対策を考えておく必要があります。

写真に記録された位置情報から特定される

写真に記録された位置情報から特定される

写真に記録された位置情報は、表面上は見ることができません。

しかしパソコンなどでデータ詳細を開くと、撮影した時間、撮影した端末、撮影した場所などが確認できてしまいます。

最近ではインターネット上で簡単に写真を公開できてしまうため、悪用される恐れもあります。

 

TwitterやFacebookなどに投稿する写真は、位置情報の取得をオフにしておきましょう。

電池の消費が早い

電池の消費が早い

GPSは位置情報の処理を頻繁に行うため、電池の消耗が大きくなります。

特に地図アプリなどで常に現在位置を確認する場合などは、バッテリーの減りも早くなるでしょう。

 

「電池の減りが早いかもしれない」と感じたら、GPSをオフにしてみましょう。

LINEモバイルでも端末が対応していればGPSは使える!

LINEモバイルでも端末が対応していればGPSは使える!

SIMフリー端末の同時購入可能!

SIMフリー端末の同時購入可能!

LINEモバイルでは、AppleのiPhone 6sやHuaweiのHUAWEI P30をはじめさまざまなスマートフォン端末の販売も行っており、LINEモバイルの契約と同時に購入できます。

 

スタッフレビューブログでは、取り扱い端末のレビューも行っているため、購入を考えている方はそちらを参考にしましょう。

また「今使っている端末をそのまま使いたい」という場合は、その端末がそのまま使えるのかどうかを調べておく必要があります。

LINEモバイルの公式ホームページでは動作確認済み端末を検索できるので、そちらで確認しておきましょう。

LINEモバイルはシンプルなプランとデータフリーで使いやすい!

LINEモバイルはシンプルなプランとデータフリーで使いやすい!

基本の料金プランはたったの3つ!

基本の料金プランはたったの3つ!

スマホの料金プランを見て「複雑すぎてよくわからない」と感じたことがある方も多いはず。

しかし、LINEモバイルでは基本プランは3つだけなのでわかりやすくてシンプルです。

データフリーでSNSを思いっきり使える!

データフリーでSNSを思いっきり使える!

LINEモバイルのプランには、対象となるSNSでのデータ通信で通信量を消費しない「データフリーサービス」が付帯しています。

データフリー対象のSNSでは、通信制限になってしまっても対象アプリなら高速通信のまま使えるため、「SNSをたくさん使いたい」という方におすすめです。

LINEの年齢認証ができる!

LINEの年齢認証ができる!

LINEの年齢認証ができないと、ID検索などの一部機能が使えません。

格安SIMの中でLINEの年齢認証ができるのは、LINEモバイルだけです。

 

LINEの機能をフルに使いたい方は、LINEモバイルへの乗り換えを検討してみませんか?

GPSは便利だけれど、取り扱いには気をつけよう

GPSは便利だけれど、取り扱いには気をつけよう

スマートフォンにも搭載されているGPSは、私たちの生活を支えてくれる非常に便利な機能です。

 

とはいえ、自分の位置を不特定多数の人に知られてしまうリスクや、最悪の場合には犯罪につながってしまう可能性もあるため、取り扱いには十分に気をつけましょう。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方