LINEモバイルに契約期間・違約金ってあるの? 

LINEモバイルに契約期間・違約金ってあるの?
LINEモバイルに契約期間・違約金ってあるの?

大手携帯電話会社に比べて格安なプランを展開しているLINEモバイル。

データフリーという主要SNSのデータ通信量をカウントしないのが特徴です。

 

今回は、そんなLINEモバイルと契約する際にチェックしておくべきポイントと、契約前に知っておきたい「契約期間」についてご説明します。

自分のスマートフォンの契約内容、きちんと把握している?

自分のスマートフォンの契約内容、きちんと把握している?

自分のスマートフォンの契約内容、きちんと把握している?
自分のスマートフォンの契約内容、きちんと把握している?

現在自分が使用しているスマートフォンがどのような契約期間・契約内容になっているか、きちんと把握している方は意外に少ないのではないでしょうか。

 

よく確認してみると不要なサービスに加入していたり、自由に解約ができない設定になっていたりと、実は利用者にとって不自由な契約になっているケースも少なくありません。

 

MNP転出や解約を検討した際に初めて詳細を確認し、契約期間に不満を抱いたとしても手遅れです。

携帯電話会社の変更・乗り換えを考えている方は、契約内容は締結前にしっかりチェックしておく必要があります。

契約前に「要チェック」なポイント

契約前に「要チェック」なポイント

スマートフォンを購入する前にまず確認しておきたいのが、契約する携帯電話会社に「最低利用期間」があるかどうかです。

 

最低利用期間とは、「乗り換えや解約をした場合に違約金が発生する期間」のこと。

大手携帯電話会社では基本的に、いわゆる「2年縛り」といわれる2年間の最低利用期間があります。

 

あまり知られていませんが、格安SIMでも音声通話SIMで契約する場合は最低利用期間が存在するため、期間や違約金の額はしっかりチェックしておいてください。

LINEモバイルに契約期間ってあるの?

LINEモバイルに契約期間ってあるの?

LINEモバイルに契約期間ってあるの?
LINEモバイルに契約期間ってあるの?

まず、LINEモバイルのプラン内容をご紹介します。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルには以下の3つのプランがあり、データフリーで使用できる機能が違うなどの特徴があります。

LINEフリー

LINEフリー

ワンコインから始められるリーズナブルなプラン。LINEアプリの通話・トークが使い放題なのが特徴です。

コミュニケーションフリー

コミュニケーションフリー

LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題なのが特徴です。SNSでのコミュニケーションを重視したい方におすすめです。

MUSIC+

MUSIC+

LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagramを使い放題なのが特徴です。SNS利用に加えて、音楽をたくさん聴きたい方におすすめです。

さらに契約の際には、上記3つのプランの中で以下の3つのサービスタイプを選ぶ必要があります。

データSIM

データ通信のみができるSIMカードです。

SMSと音声通話機能はついていません。

※au回線ではデータSIMの提供はありません。

 

データSIM(SMS付き)

データ通信とSMSができるSIMカードです。

音声通話機能は付いていないので、端末の音声通話機能を使用することはできません。

※LINEアプリやSkypeアプリなどに付属の通話機能を使用することはできます。

 

音声通話SIM

データ通信も音声通話もできるSIMカードです。

SMS認証もご利用できます。

このサービスタイプによって、同じプランを選んだとしても月額基本料に差が出てきます。

最低利用期間の有無も変わってくるため、注意する必要があるでしょう。

LINEモバイルの契約期間

LINEモバイルの契約期間

LINEモバイルの契約期間は、前述したデータSIMと音声通話SIM、どちらのサービスを選択するかによって大きく変わってきます。

データSIMの場合

データSIMの場合

「データSIM」、もしくは「データSIM(SMS付き)」のサービスを契約した場合、最低利用期間の設定はありません。

 

そのため契約後、いつどんなときに解約したとしても「違約金が発生しない」のが特徴です。

音声通話SIMの場合

音声通話SIMの場合

音声通話SIMのサービスタイプで契約した際には、契約からの12ヶ月間(利用開始日が属する月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで)が最低利用期間に設定されています。

 

仮にその期間に解約した場合は、解約手数料が発生します。

解約手数料について


■2019/5/1申し込み~2019/9/30までに利用開始日を迎えた場合

最低利用期間:利用開始日から起算し、利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:9,800円

例)2019/6/1が利用開始日だった場合、2020/5/31までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/6/1以降ですと解約手数料はかかりません。

 

■2019/10/1以降に利用開始日を迎えた場合

最低利用期間:利用開始日から起算し、利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで

解約手数料:1,000円

例)2019/10/1が利用開始日だった場合、2020/9/30までに解約⋅MNP転出をすると解約手数料がかかります。

2020/10/1以降ですと解約手数料はかかりません。

いつからがLINEモバイルの利用開始日になるの?

いつからがLINEモバイルの利用開始日になるの?

いつからがLINEモバイルの利用開始日になるの?
いつからがLINEモバイルの利用開始日になるの?

では、利用開始日とはいつなのでしょうか?

 

どの回線から申し込みをするか、新規番号とMNP転入どちらを利用するのかなどによって、利用開始日が変わります。

 

どのような方法で手続きをするのか、確認しておきましょう。

利用開始日はメールで確認

利用開始日はメールで確認

LINEモバイルの利用開始日は、基本的に利用開始手続きが完了した翌日、もしくは商品が発送されて手元に届いてから一定期間が経過した後になります。

 

利用開始手続きが完了すると、最初に「サービス開始のお知らせ」というメールが届きます。

そちらに利用開始日の記載があるため、しっかりチェックするようにしましょう。

 

以下で詳しく説明します。

ウェブからドコモ回線で契約した場合

ウェブからドコモ回線で契約した場合

新規番号での申し込み

商品が発送された翌々日が利用開始日です。


MNP転入での申し込み

「利用開始手続きが完了した翌日」と「商品が到着してから3日後」の早いほうが適用されます。

ウェブからソフトバンク回線で契約した場合

ウェブからソフトバンク回線で契約した場合

新規番号での申し込み

「利用開始手続きが完了した翌日」と「商品発送から8日後」の早いほうが適用されます。


MNP転入での申し込み

「利用開始手続きが完了した翌日」と「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早いほうが適用されます。

ソフトバンク回線はドコモ回線と違い「到着してから」ではなく「発送してから」となっているため、ご注意ください。

ウェブからau回線で契約した場合

ウェブからau回線で契約した場合

新規番号での申し込み

商品が発送された翌々日が利用開始日となります。


MNP転入での申し込み

「利用開始手続きが完了した翌日」と「MNP予約番号有効期限最終日の翌日」の早いほうが適用されます。

店舗で契約した場合

店舗で契約した場合

店舗で契約した場合には、どの大手携帯電話会社の回線であっても、「契約した翌日」が利用開始日に設定されます。

 

利用開始日が最初から決まっており、手続きをスタッフが進めてくれるため、「わかりやすい」のがメリット。

契約のわかりやすさを優先したい場合は、店舗での手続きをおすすめします。

契約期間はしっかり確認するようにしよう!

契約期間はしっかり確認するようにしよう!

契約期間をしっかり把握せず、最低利用期間中に解約すると、想定外の違約金に悩まされてしまう可能性があります。

 

LINEモバイルなら、「データSIM」もしくは「データSIM(SMS付き)」を利用する場合は、最低利用期間や解約手数料は発生しません。

ただし、音声通話SIMを利用する際には最低利用期間・解約手数料が発生しますのでご注意ください。

 

LINEモバイルは「わかりやすいシンプルな契約がいい」という方におすすめです!

 

 

※特に記載のある場合を除き、記載の金額は全て「税抜き」表示です。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方