「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」はLINEモバイルでも使えます!【動作確認しました】(11/13時点)

2020年秋にApple社より発表された下記の端末について、LINEモバイルの動作確認結果を随時アップしていきます。


・iPhone 12(2020/10/23発売)

・iPhone 12 Pro(2020/10/23発売)

・iPhone 12 mini(2020/11/13発売)

・iPhone 12 Pro Max(2020/11/13発売)

動作確認結果(※2020/11/13更新)

 

※iPhone 12シリーズは5G対応ですが、LINEモバイルでは5Gは提供していません。そのため上記動作検証は、内容を保証・サポートするものではありません。そのため今後の検証の中で通常と違う動作などが見られた場合は改めて更新します。

 

 

iPhone 12 A2402(SIMフリー版)

iPhone 12 A2398(SIMフリー版)
iPhone 12 A2398(SIMフリー版)

iPhone 12 Pro  A2406(SIMフリー版)

iPhone 12 Pro  A2406(SIMフリー版)
iPhone 12 Pro  A2406(SIMフリー版)

iPhone 12 mini  A2398(SIMフリー版)

iPhone 12 mini  A2402(SIMフリー版)
iPhone 12 mini  A2402(SIMフリー版)

iPhone 12 Pro Max  A2410(SIMフリー版)

iPhone 12 Pro Max  A2410(SIMフリー版)
iPhone 12 Pro Max  A2410(SIMフリー版)

ドコモ版・ソフトバンク版・au版は後日の検証になります。「動作確認済み端末検索」にて結果を掲載、更新状況はTwitterでお知らせします。

 

※ドコモ版は、ドコモで購入しSIMロック解除をしていないスマートフォンを指します。

※ソフトバンク版は、ソフトバンクで購入しSIMロック解除をしていないスマートフォンを指します。

※au版は、auで購入しSIMロック解除をしていないスマートフォンを指します。

最新iPhoneを購入、LINEモバイルを新規契約する場合

最新iPhoneを購入、LINEモバイルを新規契約する場合
最新iPhoneを購入、LINEモバイルを新規契約する場合

最新iPhoneを購入し、これからLINEモバイルを新規契約しようと思っている方は、下記を参考にお申し込みください。

 

 

まずはiPhoneを購入

 

 

LINEモバイルに乗り換える予定でiPhoneを使いたい場合、まずはApple Storeなどで購入してください。

 

公式のApple Store であれば問題ありませんが、どの回線でも利用ができる「SIMフリー」であることを、購入時に確認してください。

 

 

LINEモバイルに申し込む

 

 

iPhoneを手に入れたら、LINEモバイルの申し込みをしましょう。

 

申し込みは、公式ウェブサイトか店舗より可能です。

 

今回はウェブサイトから申し込みをして、商品(SIMカード)が到着するまでの流れを説明します。

事前に準備しておくもの

 

 

クレジットカードまたはLINE Pay カード

メールアドレス(GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレス)

本人確認書類

MNP予約番号(電話番号をそのまま変えずに乗り換えたい場合は事前取得)

エントリーコード

 

申し込みをスムーズに完了するために、これらのものを前もって用意しておきましょう。

 

 

MNP予約番号」は、今の電話番号をそのまま変えずに乗り換えたい(MNPを利用する)場合に必要になります。申し込む前に現在契約中の携帯電話会社に連絡をとり、発行してもらいます。発行方法はこちらにてご確認ください。

 

エントリーコード」は、初期費用である登録事務手数料3,000円を不要にするクーポンコードのこと。

エントリーコード自体をAmazonなどで購入する必要がありますが、販売価格350円程度なので(販売店により販売価格が異なる場合があります)、実質約2,650円分ほど初期費用を安くすることができます。

 

エントリーコードは併用できないキャンペーンがある場合がありますので、ご利用の際はキャンペーン詳細を必ずご確認ください。 

申し込みフォームを入力する

申し込みフォームを入力する
申し込みフォームを入力する

LINEモバイル ウェブサイトにある、「申し込む」ボタンを押すと、申し込みフォームへ進めます。希望のプラン・オプション・回線(ソフトバンク回線がオススメですが、SIMフリーであればどの回線でもご利用できます)、 お客様情報などを入力して、申し込みを完了しましょう。

 

このとき、電話番号をそのまま変えずに乗り換えたい場合は、「音声通話SIM」「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択してください。事前に取得しておいた「MNP予約番号」はここで入力します。

 

その他、キャンペーンコードやエントリコードなども、この申し込みフォームに指示通り入力するのをお忘れなく。

 

細かい注意点ややり方など「マンガ」でも説明しているので、分からないことがあればご一読ください。

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方

SIMカードの到着を待つ

 

 

申し込みが完了し、本人確認審査(申込時に提出した本人確認書類と、入力した内容が一致しているかを確認します)が通ると、SIMカードがご契約先の住所に送付されます。

 

本人確認審査と配送状況にもよりますが、最短で当日発送・翌日到着。

 

発送後に「商品発送のお知らせ」というメールが届きますので、そちらから到着目安を確認できます。

 

 

APN設定(初期設定)をする

 

 

SIMカードが届いたら、APN設定をします。APN設定をすることで、モバイル通信をすることができるようになります。

 

まずは、届いたSIMカードをiPhoneに挿してください。

そのあとWi-Fiに接続し、指定プロファイルをインストール。再起動すれば、初期設定は完了です。

利用開始手続きをする(MNPの場合のみ)

 

 

これまで使ってきた電話番号を乗り換え先でも引き続き使用する、いわゆるMNP転入をする人は、回線をLINEモバイルに切り替える作業が必要です(APN設定をしてもモバイル通信できません)。

 

利用開始手続きをすることで、回線の切り替えができます。

 

まずは、LINEモバイルのマイページにログインし(パソコンからでもOK)、「利用開始手続きをする」ボタンを押すだけ。「利用開始手続き完了」のメールが届けば、完了です。

 

このタイミングではじめて、前の携帯電話会社の契約が自動解約となり、LINEモバイルの契約が始まったことになります。

 

MNP転入の方は、ご自身で前の携帯電話会社を解約しないようにご注意ください。

LINEモバイルを契約中で、最新iPhoneを購入する場合

LINEモバイルを契約中で、最新iPhoneを購入する場合
LINEモバイルを契約中で、最新iPhoneを購入する場合

LINEモバイルをすでに契約・利用していて、最新iPhoneに機種変更したい方は、下記を参考にご対応ください。

 

 

最新iPhoneを購入

 

 

最新iPhoneに機種変更したい場合、まずはApple storeなどで購入する必要があります。

 

公式のApple Store であれば問題ありませんが、どの回線でも利用ができる「SIMフリー」であることを、購入時に確認してください。

 

 

iPhoneにSIMカードを挿入する

 

 

最新iPhoneが手に入ったら、今使っているスマホからSIMカードを抜いて、iPhoneに挿します。

 

※契約中のSIMカードサイズが「マイクロSIM」や「標準SIM」の場合は、マイページから「SIMカード再発行/サイズ変更」が必要ですので、ご注意ください。

 

 

SIMピンを用意する

 

今使っているスマホとiPhone、SIMピンを用意し、両方のスマホの電源をOFFにしておきます。

 

 

利用中のスマホからSIMカードを抜く

 

今使っているスマホに入っているSIMカードを抜き取ります。

 

スマホの側面にある小さい穴にSIMピンを差し、SIMカードトレーを引き出し、その中に入っているSIMカードを取り出しましょう。

 

 

iPhoneにSIMカードを挿入する

 

先ほど取り出したSIMカードを、iPhoneのSIMカードトレイに乗せて、挿入して完了です。

iPhoneにSIMカードを挿入する
iPhoneにSIMカードを挿入する

APN設定(初期設定)をする

 

 

SIMカードが挿入できたら、APN設定を行います。

最初の契約した時に一度行っているかと思いますが、同じことを最新iPhoneでも行います。

 

Wi-Fiに接続し、指定プロファイルをインストール。再起動すれば完了です。

他のiPhoneでも、LINEモバイルで使えます!

他のiPhoneでも、LINEモバイルで使えます!
他のiPhoneでも、LINEモバイルで使えます!

LINEモバイルでは、iPhone 12の利用はもちろんのこと、それ以外のiPhoneでも利用できます。

 

LINEモバイルで使えるiPhoneは以下の通りです。(記載のない端末は使用不可)

 

ここに記載のある端末でも、契約する回線によっては、利用条件が生じたり使用不可の場合がありますのでご注意ください。

 

 

SIMフリーのiPhoneの場合

 

 

iPhone SE(2020・第2世代)

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro

iPhone 11

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 7 / 7 Plus

iPhone SE

iPhone 6s / 6s Plus

iPhone 6 / 6 Plus

iPhone 5s

 

 

大手携帯電話会社で購入したiPhoneの場合

 

 

大手携帯電話会社で購入していても、SIMロック解除がしてあれば、どの回線でも利用できます。

 

SIMロック解除は、大手携帯電話会社のマイページなどでできますので、事前に行っておいた方が、格安SIMでの契約プランの幅が広がります。

 

SIMロック解除を行っていない場合は、購入元の大手携帯電話会社と同じ回線なら利用できます(ドコモで購入したiPhoneは、ドコモ回線でのみ利用可能)。

 

 

ドコモで購入したiPhone

 

iPhone SE(2020・第2世代)

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro

iPhone 11

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 7 / 7 Plus

iPhone SE

iPhone 6s / 6s Plus

iPhone 6 / 6 Plus

iPhone 5s

iPhone 5c

 

 

ソフトバンクで購入したiPhone

 

iPhone SE(2020・第2世代)

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro

iPhone 11

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 7 / 7 Plus

iPhone SE

iPhone 6s / 6s Plus

iPhone 6 / 6 Plus

iPhone 5s

iPhone 5

 

 

auで購入したiPhone

 

iPhone SE(2020・第2世代)

iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro

iPhone 11

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 7 / 7 Plus

iPhone SE

iPhone 6s / 6s Plus

簡易最新iPhoneレポート

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 mini
iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro Max

LINEモバイルのスタッフも、数人購入したので、簡単なレポートをお届けします。

 

今回発売されたiPhone 12シリーズは、下記が特徴。

 

 

・5G対応

5G対応
5G対応

・従来に比べ4倍の耐落下性能を有する「セラミックシールド」という強度の高いガラス

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 mini
iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro Max

・フラットな側面

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro

iPhone 12 mini
iPhone 12 mini

iPhone 12 mini

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max

iPhone 12 Pro Max

・マグネットにより簡単に装着できるMagSafeを使ったワイヤレス充電

カラーバリエーションは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxが、「パシフィックブルー」「ゴールド」「グラファイト」「シルバー」の落ち着いた4色展開。

 

iPhone 12とiPhone 12 miniが、「ブルー」「グリーン」「レッド」「ホワイト」「ブラック」の明るめの5色展開です。

iPhone 12とiPhone 12 Proの違い

 

 

6.1インチのiPhone 12とiPhone 12 Proの大きな違いは、

・望遠レンズの有無

・側面の素材

・選べる容量(ROM)

・重さ

です。

 

カメラの画素数はどの端末でも全て1,200万画素なので、撮影時に構図や雰囲気作りにこだわりがある方は、iPhone 12 Proを選んだ方が後悔しなさそうです。

 

iPhone 12 Proは望遠カメラがついているので、光学4倍ズーム(iPhone 12は光学2倍ズーム)が可能になっています。また、暗い場所でのポートレート撮影(背景をボカした撮影)も可能。

 

側面の素材は、iPhone 12が航空宇宙産業で使われるレベルのアルミニウム、iPhone 12 Proが医療に使われるレベルのステンレススチールになっています。

 

アルミニウムは軽いのが特徴です。実際の重さとして、iPhone 12は162g、iPhone 12 Proは187g。数グラムの差、と思いがちですが、操作時間が長い人にとっては大きな違いになってきます。軽いのはありがたいですよね。

 

ステンレスは、高級感があるように見えるのが特徴です。実際に撮影してもわかるように、光沢感が異なります。これをいいと取るかは個人差がありますが、実際、高額商品なので、ちゃんとした見栄えなのは嬉しいですね。

iPhone 12とiPhone 12 Proの違い
iPhone 12とiPhone 12 Proの違い

左:iPhone 12  右:iPhone 12 Pro

iPhone 12とiPhone 12 miniの違い

 

 

iPhone 12とiPhone 12 miniの差は、なんといってもディスプレイの大きさ。

 

iPhone 12は6.1インチで、iPhone 11・iPhone XRと同じ、iPhone X・iPhone XSより一回り大きい感じです。

 

iPhone 12 miniは5.4インチで、4.7インチのiPhone 8・iPhone SE(第2世代)より、大きく思われがちだと思いますが、実はスマートフォン本体は小さくなっています。

ホームボタンがなくなり、ノッチ(インカメラ周り)やベゼル(縁)が狭くなったので、よりディスプレイエリアを広く取ることができるようになりました。

iPhone 12 miniは5.4インチで、4.7インチのiPhone 8・iPhone SE(第2世代)より、大きく思われがちだと思いますが、実はスマートフォン本体は小さくなっています。
iPhone 12 miniは5.4インチで、4.7インチのiPhone 8・iPhone SE(第2世代)より、大きく思われがちだと思いますが、実はスマートフォン本体は小さくなっています。

あと、バッテリーにも差があります。

 

公式情報によると、「iPhone 12 / 12 Proのバッテリーは、ビデオ再生:最大17時間」「iPhone 12 miniのバッテリーは、ビデオ再生:最大15時間」。2時間の差があります。

 

他の端末を見てみると、

・iPhone Xのバッテリーは、ビデオ再生:最大13時間

・iPhone 11のバッテリーは、ビデオ再生:最大17時間

 

iPhone X < iPhone 12 mini < iPhone 11 = iPhone 12 / 12 Pro

ということがわかります。

 

では、実値としてはどのぐらいなのでしょうか。

 

中国の認証機関TENAAによると、

・iPhone Xのバッテリーは、2,716mAh

・iPhone 11のバッテリーは、3,110mAh

らしいので、

中国で販売されているiPhone X / 11と日本で販売されているiPhone X / 11にスペック差がない、およびiPhone X / 11とiPhone 12 / 12 Pro / mini のバッテリースペックが同じであれば

・iPhone 12 / 12 Proのバッテリーは、3,110mAh

・iPhone 12 miniのバッテリーは、2,716〜3,110mAh

でしょうか。

 

※iPhone X / 11とiPhone 12 / 12 Pro / miniで、バッテリースペックは異なると思いますので、上記はあくまでも目安として捉えてください。

 

大容量バッテリーを謳っているAndroidスマートフォンに比べると少ないですが、今までのiPhoneと比べると増えているので、ずっとiPhone一筋の方は満足いく容量かと思います。

iPhone 12とiPhone 11の違い

 

 

iPhone 12と、前シリーズiPhone 11の違いで気になるところは、

 

 

・5Gに対応有無

 

 →iPhone 12は、5Gに対応している

 →iPhone 11は、5Gに対応していない

 

 

・チップ(CPU)

 

 →iPhone 12は、A14 Bionicチップ(スマートフォンで最速のチップ)

 →iPhone 11は、A13 Bionicチップ

 

 

・素材

 

 →iPhone 12は、Ceramic Shieldの前面・4倍の耐落下性能

 →iPhone 11は、ガラスの前面と背面

 

 

・MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器

 

 →iPhone 12は、対応している

 →iPhone 11は、対応していない

 

 

・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影

 

 →iPhone 12は、対応している

 →iPhone 11は、対応していない

※映像で圧倒的な描写・ディテールを表現できるDolby独自のHDR技術

 

 

・側面のディティール

 

 →iPhone 12は、平べったい

 →iPhone 11は、丸みがある

 

ぐらいでしょうか。

 

もし、上記でiPhone 12に魅力を感じなかったら、iPhone 11でもいいかもしれませんね。

 

 

同梱物

 

 

今まではiPhoneを購入すると、電源アダプタと充電ケーブル(Lightningケーブル)、イヤホン(EarPods)、SIMピンなどが同梱されていました。

 

しかし、環境のために、電源アダプタとイヤホン(EarPods)が同梱されなくなりました。

※Appleが行っている環境施策をすべて合わせると、年間200万トン以上の炭素排出量の削減になるそうです。

 

iPhoneユーザーであれば、今まで使っていたものをそのまま使えばいいので特に問題ないかと思いますが、必要な方は別途購入する必要があります。

同梱物
同梱物

まとめ

 

 

以上、最新iPhoneの動作確認から、LINEモバイルで利用する方法、簡易的レポートでした。

 

最新iPhoneで高額出費された方は、LINEモバイルに乗り換えて、毎月のランニングコストを下げてください。

 

ご契約お待ちしております!

※記載されている金額は税抜価格です。

※当ページの情報は2020年11月時点のものです。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方