【2021年1月最新】スマートフォン代の節約に!LINEモバイルがお得な3つの理由

 

更新日:2021/3/31

新規申し込み受付終了

追加申込・招待プログラムを含む新規申し込みは、2021/3/31をもちまして終了しました。

【2021年1月最新】スマートフォン代の節約に!LINEモバイルがお得な3つの理由
【2021年1月最新】スマートフォン代の節約に!LINEモバイルがお得な3つの理由

携帯電話といえば、これまでは「大手携帯電話会社と契約する」という方が多数派でした。

しかし近年では、格安SIMの利用者も着実に増えてきています。

 

格安SIMの一つであるLINEモバイルは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」でおなじみのLINEの子会社LINEモバイルが提供している格安SIMです。

 

今回は、LINEモバイルがお得な3つの理由についてご説明します。

LINEモバイルがお得な3つの理由とは?

LINEモバイルがお得な3つの理由とは?
LINEモバイルがお得な3つの理由とは?

LINEモバイルをおすすめする理由は3つ。

・月額利用料金が600円(税込 660円)と大手携帯電話会社に比べてお得!

・ソフトバンク回線が増速!

・不定期に開催されるキャンペーンが魅力!

もちろん上記以外にも、LINEアプリとの連携ができたり、シンプルでわかりやすいプランの中から自分にもっとも適したものを選べたりなど、多くのメリットがあります。

 

3つの理由について詳しく解説していきます。

お得①:月額600円(税込 660円)での利用も可能!月額利用料金が安い! 

お得①:月額600円(税込 660円)での利用も可能!月額利用料金が安い!
お得①:月額600円(税込 660円)での利用も可能!月額利用料金が安い!

格安SIMのサービスは大手携帯電話会社と比べて利用料金が格段に安い点が特徴です。
 

格安SIM会社や、選ぶプラン、データ容量によって変わりますが、中には月額の利用料金が500円以下というプランもあり、月額料金を大手携帯電話会社より抑えることができます。

 

データ容量も幅広く用意されているところが多いです。

 

また、かかる費用を考えたときに、重要となってくるのが「違約金」や「解約手数料」の問題です。

 

“2年縛り”がある大手携帯電話会社に比べて、格安SIMは最低利用期間が短かったり、そもそもこうした“縛り”が存在しなかったりするため、解約時に違約金や解約手数料が発生するリスクを回避できます。

LINEモバイルのシンプルなプラン

LINEモバイルは「①SIMタイプ」と「②データ容量」の組み合わせから成る「ベーシックプラン」にプラスして、お好きな「③データフリーオプション」を選ぶ形式で月額利用料が決定します。

ベーシックプランとは?

 

LINEモバイルのプランは「ベーシックプラン」のひとつのみです。 SIMタイプとデータ容量の組み合わせで決まります。

 

①SIMタイプ

 

SIMカードの種類(タイプ)のことです。音声通話SIMとデータ SIM(SMS付き)の2つがあります。

 

・音声通話SIM
大手携帯電話会社と同じように、090などで始まる電話番号で通話ができます。インターネット(モバイル通信)や、ショートメッセージ、110番・119番などの緊急通報も可能です。

 

・データSIM(SMS付き)
インターネット(モバイル通信)のみが使えます。電話はLINE通話のみで問題ない方はこちらを選択してください。電話番号での通話、110番・119番などの緊急通報はできません。ショートメッセージやSMS認証は可能です。

 

②データ容量

 

1ヶ月で利用できるデータ通信量(ギガ、パケットともいう)の最大容量 です。500MB、3GB、6GB、12GBの中から選ぶことができます。

 

・500MB
LINE通話:約20時間 LINEビデオ通話:約1.5時間 Yahoo!トップページ:約1,600回 YouTube(360p):約2時間

 

・3GB
LINE通話:約120時間 LINEビデオ通話:約9時間 Yahoo!トップページ:約9,600回 YouTube(360p):約12時間

 

・6GB
LINE通話:約240時間 LINEビデオ通話:約18時間 Yahoo!トップページ:約19,200回 YouTube(360p):約24時間

 

・12GB
LINE通話:約480時間 LINEビデオ通話:約36時間 Yahoo!トップページ:約38,500回 YouTube(360p):約48時間

 

※弊社で独自に調査した結果であり、常にそのデータ通信量で利用できることを保証するものではありません。

 

③データフリーオプション

 

LINEモバイルの特徴として挙げられるのが「データフリー」です。

 

データフリーとは、対象サービス(Twitter、Instagramなど)を利用した際にデータ通信量を消費しない機能のこと。

対象サービスはデータフリーオプションによって異なるため、自分が普段どのようなアプリを使用するかも考えたうえでデータフリーオプションを選びましょう。

LINEデータフリー

LINEデータフリーとは、LINEアプリを利用した通話やトークで消費するデータ通信量がゼロになるデータフリーオプションです。

 

LINEデータフリーの大きなメリットは、利用料金の安さ。

データSIM(SMS付き)・500MBであれば月額600円(税込 660円)からのご利用が可能で、大手携帯電話会社はもちろん、その他の格安SIMと比べても目を見張る安さといえるでしょう。

SNSデータフリー

SNSデータフリーを選択すると、コミュニケーション系アプリ(Twitter、Facebook、LINE)を使用する際に消費するデータ通信量が、ゼロになります。

 

SNSをよく利用する方におすすめのデータフリーオプションとなっており、月額料金はSIMタイプやデータ容量によって異なるものの、月額1,260~3,480円(税込 1,386〜3,828円)となっています。

SNS音楽データフリー

SNS音楽データフリーとは、コミュニケーション系アプリ(Twitter、Instagram、Facebook、LINE)とLINE MUSIC、Spotify、AWAを使用する場合の消費データ量が、ゼロになります。(2020年7月更新)

 

音声通話SIMを選択した場合は最大で3,680円(税込 4,048円)の月額利用料金になりますが、SNSのほか、LINE MUSICなどの音楽アプリも使い放題になるところが魅力的です。

ベーシックプラン+データオプション
ベーシックプラン+データオプション

お得②:ソフトバンク回線が1.8倍も増強

お得②:ソフトバンク回線が1.8倍も増強
お得②:ソフトバンク回線が1.8倍も増強

「格安SIMって、品質悪そう…」「地方や混雑している場所だと繋がりにくいんじゃないの?」など、不安に思ったこと、ありますよね。

 

格安SIMは安いから通信速度がかなり遅くなるデメリットがあるんじゃないか、というイメージは確かにつきやすいですが、LINEモバイルの場合、そうではありません。

 

特にLINEモバイルのソフトバンク回線は今、以前と比べて1.8倍も1人当たりの回線帯域が増強されています!

 

 

ソフトバンク回線の回線帯域が広くなった

 

 

LINEモバイルの回線は、ソフトバンク回線・ドコモ回線・au回線と3つの回線が用意されていますが、その中でも一番回線帯域が広いのは、ソフトバンク回線です。

 

回線帯域とはなんのこと?と疑問に思う方に向けて、わかりやすく説明します。

 

「データ通信量」(パケット・ギガ)を車と例えると、そのデータ通信量が走る道路の幅が、「回線帯域」です。

※混雑時のイメージ

 

例えば5車線の道路に車がたくさん走り、渋滞を起こしていたとしても、車線の数を9車線に増やせば、渋滞は解消されますよね。

 

つまり、通信が混みやすい時間であっても、回線帯域が広ければ繋がりやすく快適に通信を楽しむことができる、というわけです。

 

逆に、道路の幅が狭く、さらに車もたくさん走行すれば、すぐに渋滞してしまいます。

 

この道路の幅にあたる「回線帯域」が、ソフトバンク回線の場合、ドコモ回線・au回線よりも1.8倍も広くなったのです。

 

 

さらに、毎月ネットワークを定期的に増強中

 

 

「大幅に回線帯域を増強されたのは魅力的だけど、今後もソフトバンク回線の契約者が増えれば、混んでしまって通信速度が遅くなるのでは…?」という心配もご無用。

 

LINEモバイルでは、通信の快適さを保つために毎月回線帯域を増やしています。

 

ソフトバンク回線・ドコモ回線・au回線ともに、ネットワーク増強工事の日程を毎月、公式ウェブサイトと公式Twitterアカウントに情報をアップしているので、チェックしてみてください。

 

 

ソフトバンク回線は満足度ランキング1位!

 

 

LINEモバイルで行ったユーザー対象のアンケート(2020年5月の調査)では、回線別の通信速度満足度ランキングでソフトバンク回線が堂々の1位!

 

また、LINEモバイルを契約した時はドコモ回線やau回線だったけど、ソフトバンク回線にあとから回線変更をしたというユーザーのうち、90%の人が「ソフトバンク回線に変えて満足した」と回答しています。(2020年8月の調査)

 

「都市部などの混んでいそうな場所でも、スムーズに繋がる」「お昼の休憩時間や退勤時間といった混みやすい時間でも、通信速度が気にならなくなった」などの声が続々。(2020年12月の調査)

 

あとから回線を変更したい場合の手続きも簡単。LINEモバイルのマイページにログインして、メニューから「回線変更」をタップして進むだけです。

お得③:キャンペーン等を利用してもっとお得に!

招待プログラムの利用

LINEモバイルでは、LINEモバイルのユーザーから招待されることでご契約を開始する「招待プログラム」というサービスがあります。

 

この招待プログラムを利用すると、招待された側は登録事務手数料が最大無料となるメリットが、招待した側はLINEポイントがもらえるというメリットがあるのが特徴。

 

2回線目を契約する際にも、自分で自分を招待する形で利用できます。

 

注意点として、キャンペーンやエントリーパッケージとの併用はできない場合があるため、どれが自分にとって最もお得か、じっくり考えてからご契約するのがおすすめです。

追加申込の利用

既にLINEモバイルと契約中だが、家族用などで追加でのご契約を考えている方には「追加申込」の利用がおすすめです。

 

追加申込を利用すれば、各サービスタイプの登録事務手数料が以下のように変化します。

・データSIM(SMS付き):3,300円(税込)→550円(税込)

・音声通話SIM:3,300円(税込)→0円

メリットとして、住所や支払方法などの個人情報は、すでに登録してある情報が適用されるため、入力する手間がありません。

 

キャンペーンやエントリーパッケージとの併用はできない場合があるため、その点はご注意ください。

キャンペーンの利用

LINEモバイルでは常に何らかのキャンペーンが開催されており、利用すればお得に使い続けることができます。

キャンペーンはその時々で内容が異なるため、現在どのようなキャンペーンが開催されているかを細かくチェックしてみてください。

キャンペーン利用時の注意点

開催中のキャンペーンを利用する際は、エントリーパッケージや招待プログラム、「追加申込」などの利用ができなくなる場合があります。

 

場合によってはこれらのサービスを利用したほうがお得になるケースもあるため、内容をきちんと確認しましょう。

お得なLINEモバイルがおすすめ!

お得③:キャンペーンを利用してもっとお得に!
お得③:キャンペーンを利用してもっとお得に!

SNSをよく使う人におすすめなLINEモバイル。

 

月額の利用料金が安く、エントリーパッケージやキャンペーンを利用すれば手数料などを節約できるため、コストパフォーマンスのよいサービスをお求めの方は、ぜひ検討ください!


 


※当ページの内容は2021年3月時点の情報です。

関連記事

LINEMO 20GB 月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ
LINEMO 20GB 月2,480円(税込 2,728円)の格安SIM・格安スマホ