YouTubeとTikTokの動画1時間あたりの通信量・ギガ数は?

スマホを使っている人のあるあるといえば、「月末になると、急にYouTubeを見なくなる」「月末はTikTokに登場しなくなる」など、通信速度制限を気にした行動が見られることですね。


今回は、人気の動画アプリYouTubeとTikTokについて、データ通信量は何ギガくらい必要なのか調べてみました。

YouTubeとTikTokの動画1時間あたりの通信量・ギガ数は?
YouTubeとTikTokの動画1時間あたりの通信量・ギガ数は?

YouTubeの動画1時間あたりのギガ数

YouTubeの動画1時間あたりのギガ数

YouTubeを見始めたら、あっという間に時間が過ぎていた、なんてことありますよね。


そんなYouTubeですが、1時間の動画再生には、どのくらいのギガ数を必要とするのでしょうか。


まず、YouTubeには、画質設定の選択肢があることはご存知でしょうか。


画質設定を低めに変更することで、動画のデータ通信量をある程度抑えることができます。

YouTubeのデータ通信量を画質別で比較

YouTubeのデータ通信量を画質別で比較

はじめに、画質設定を変更すると動画再生のデータ通信量がどの程度変化するのか比較してみます。


同じ動画を、5分間・1時間再生した場合の、データ通信量の目安を紹介します。

YouTubeのデータ通信量を画質別で比較
YouTubeのデータ通信量を画質別で比較

このように、画質を変更するとデータ通信量に結構差が出るのです。


YouTubeをよく閲覧する人にとって、画質設定は覚えておきたい大きなポイント!

1GBあればYouTubeの動画は何分楽しめる?

1GBあればYouTubeの動画は何分楽しめる?

通信量制限のことを考えると、1GBで再生できる時間は

・360pで約3時間

・SD画質の480pで2時間弱

・ハイビジョンの720pで約1時間

となります。


中画質程度の360pで再生したとして、データ容量を1ヵ月1GB内に節約するためには、目安として10日間で1時間以内の再生に留める必要があります。


毎日の動画視聴時間が10分以上になると、1GBでは満足に視聴をするのは難しいかもしれません。


長時間視聴する人は、月々のデータ通信量を大量に消費しますので、Wi-Fi環境下の再生を心掛けたり、低画質設定にしたり、工夫が必要でしょう。

TikTokの動画1時間あたりのギガ数

TikTokの動画1時間あたりのギガ数

動画コンテンツアプリ「TikTok」が最近大流行していますね。視聴には、どのくらいのギガ数を必要とするのでしょうか。


YouTubeと比べて1動画あたりの時間は短くはありますが、ついつい次々と他の動画を観ていってしまうので、気付けば長時間になり、結果的にデータ通信量は増えてしまいがちです。

1GBあればTikTokの動画は何分楽しめる?

1GBあればTikTokの動画は何分楽しめる?

まず、TikTokはYouTubeと違って画質の設定機能がありません。


なので、画質設定によるデータ通信量の節約はできなくなります。



TikTokを再生した際のデータ通信量は以下のような目安で消費されます。

1GBあればTikTokの動画は何分楽しめる?
1GBあればTikTokの動画は何分楽しめる?

1GBで楽しめるTikTokの視聴時間は、約2時間。


1ヵ月を1GBで楽しむためには、1日4分程度と考えると、TikTokヘビーユーザーにとっては、やや物足りない時間かもしれません。

TikTokを長時間再生するときのテクニック

TikTokを長時間再生するときのテクニック

TikTokは、画質設定によるデータ通信量の節約ができないため、データ通信量を気にせずに楽しむには、Wi-Fiに接続するのがいいでしょう。


無料Wi-Fiスポットを利用したり、モバイルWi-Fiを別途契約したりすることで、外出先でも気兼ねなくTikTokを利用することができます。


また、他のアプリのデータ通信量を節約することによって、TikTokで利用できるデータ通信量を増やすのもいいかもしれません。

LINEモバイルならデータ消費量をセーブできる!
LINEモバイルならデータ消費量をセーブできる!

LINEモバイルでは、メインで使っているアプリや使用用途に合わせてプランを選ぶことで、データ通信量を大幅に節約することができます。


LINEのみを多く利用する人は「LINEフリープラン」、


LINE以外にもTwitterやFacebook、Instagramを多く利用するという人は「コミュニケーションフリープラン 」、


さらにLINE MUSICで音楽を聴く人は「MUSIC+プラン」、


など、それぞれの対象アプリのデータ消費が0になる「データフリー 」を叶えるプランが揃い踏みです。


もしSNSをよく使うのであれば、SNSに使っていた分のデータ通信量をYoutubeやTikTokに充てることができます。

YoutubeやTikTokを長時間楽しみたい人は、ぜひLINEモバイルの利用を検討してみてください。

関連記事

マンガでわかる! LINEモバイルの始め方
マンガでわかる! LINEモバイルの始め方